自作室内灯K 量産化


試作




Seria(セリア)に売ってる、
半透明のプラ板。

B5サイズで \108です。


これを室内灯サイズに切ってみたり。。。












プラ板に切れ目をいれてみたり





でも、やはり光の拡散は難しいですねぇ・・・・



さらに、試しに、KATOの純正の透明プラ板を敷いてみても…

光の拡散は絶望的…(上からの光だと拡散しない模様)

3灯か6灯かの差は 10円もないので、3灯化はサクッとあきらめることに…。




左から「KATO純正(電球)」
「3灯改め 6灯」タイプ
「6灯」タイプ

KATO純正と並べると純正は暗いですねぇ。。

KATO形 量産タイプ
というわけで、6灯タイプで行きます。


TAMIYAの
1.7mm厚透明プラ板
から10mm幅(一部9mm幅)
にして、切り揃えます。

B4サイズ(364×257)で
128x10(or9)が74枚
121x10(or9) が78枚
切り出せます。

今回は前者で切り出します。





128x10mm サイズに
切り出した一部。

結構手間がかかる(^^;










SMD型ブリッジダイオードを
ハンダ付け。

量産体制突入~

最終的に、1リールから
44個(=輛分)を切りだしました。

50個切り出せないのは、
ほかの用途に使ってしまったため







中央に、25x1.5mmの銅板。

100x200の銅板から 25x1.5mmは
532枚(266輛分)取れます。

この銅板1枚が約260円でしたので、おおよそ \1/輛となります。









量産化したKATO車輛向け自作室内灯

テープLED(6灯)+ブリッジダイオード+ポリウレタン線+銅板+プラ版で
おおよそ \30/輛 ってところです。



.
スポンサーサイト



自作室内灯K 試作


試作

Nゲージ室内灯の自作化は、いろいろな人が手掛けていますが、
私もやっとのことで、重い腰を上げて、製造したいと思います。

まずは、簡単なところで、KATO製車輛への室内灯を試作することに…
TOMIXはちょっとハードルが高いので後回しということで。

丁度、ネタ的には、キハ85がありますので、これを用いて考えます。

自作室内灯あれこれ
Nゲージの自作室内灯は、大きく分けて、
・夕庵式と呼ばれるLED1灯+透明プラ棒
・テープLED式(LED3灯~6灯)
があります。

特徴としては、
夕庵式は1灯式なので、低電圧から光りますが、ちょっと工作(ハンダ)が面倒。
一般的なテープLEDは直列3灯式なので、高電圧をかけないと光らず、
電圧制御型電源(※1)ではかなり速度を上げないと光らない。
なお、PWM形電源(※2)であれば、低速でも光ります。
といった感じでしょうか。

※1 KATO パワーパック スタンダードSなど
※2 KATO パワーパック スタンダードSXやTOMIX パワーユニットN-1001-CL等。


今回試作するのはテープLED式

準備するもの
テープLED(電球色)
・ポリウレタン線
・ヒノキ棒、透明プラ板

ちなみに、コンデンサは使用しない前提。
使うとしてもラジアル型ではなく
リード型で安く!(^^;














0.1mm厚の銅板




今回は、3パターン試作します。

6灯タイプ 2個
3灯タイプ 1個。

難しいことはせずに、単純につないでいます。

銅板は 1.5mm x 25mmです。
264本確保できるので、
132輛分作成できる、ってことに。



TAMIYAの1.7mm厚透明プラ板
を10mm幅に切り揃えます。
(2個分)

紙ヤスリで適当に傷をつけます。

透明プラ板は、364x257(mm)
で、約450円程度です。

10x10mmは約0.5円です。
今回、125x10mmに切り出した
ので、6.25円/枚となる(たぶん




ヒノキの 2mm厚の板材に
テープLEDを貼り付けます。


真ん中は、6灯LEDを。
下は、3灯LEDを。

テープLEDの粘着テープ側が
屋根になるので、テープで固定。








屋根にテープLEDを貼り付けるタイプとほぼ等価な仕組みです。
テープLED固定用の2mm厚の板と、嵩上げ用に床板との接触面だけに
同じ2mm厚の板を置いています。

結果:板厚が計4mmでは厚すぎて車輛への収納が不可でした。
   カッターで薄くして調整したけれど量産時には、ちょっと工夫が必要。





KATOの純正室内灯のように、透明プラ板を経由しての光源です。
1.7mm厚のプラ板なので、厚みに関しては、特に修正不要でした。

結果:非常によさげ。ただ、KATO純正が 1灯で綺麗に灯火していることを考えると
   是非とも3灯化したいところ。





KATOの純正室内灯のように、透明プラ板を経由しての光源です。
6灯ではきれいですが、3灯だとやはり直下が明るく周辺が暗い、という結果に。

結果:純正でできてるんだから、プラ板の加工でなんとか光を拡散したいところ。



3輛を並べてみると…


左から「プラ板3灯」タイプ
「ヒノキ6灯」タイプ
「プラ板6灯」タイプ

やはり3灯タイプの光の偏りが気になる…。



ちなみに、



KATO純正(電球)と比べると、テープLEDはメチャ明るい。
これは、電球が暗いというより、テープLEDが明るすぎ、という気がする。

抵抗をいれて減光するかなぁ・・・(汗





TAMIYAの透明プラバン。

B4サイズ(364x257mm)
1.7mm厚 実売価格 \450程度

このB4サイズプラ板から
125x10mm(\6.25) を
切り出すと72枚=72輛分が
切り出せます。

お安く自作室内灯が
作れそうですね…。








.

中華の基板 再購入~





こんな感じで湯水のように
基板を使うと、あっという間に
無くなるものですね。。。

前回は、2015/11/25に
\598/25枚(\23.92/枚)
を買いました。
約2年で20枚程度を使い、
残り数枚、ってところです。



現在、この商品は \400/25枚(\16/枚)で売っています。





今回も中華品がエアメールで届きました。
















今回は同じサイズですが、別のものです。
こちらは、¥147/10枚(\14.7/枚)で
さらにお安い…。。。

これを3セット 30枚購入~。

これで、また2年くらい持つかな?





さらに、もう1個(こちらからどうぞ)













上のやつと同じ大きさですが異なるのは、
上の基板:紙フェノール板、片面ランド
下の基板:ガラス繊維板、両面ランド
の違いがあります。

こちらは、\272/5枚(\54.4/枚)と
3.7倍の違いがあります。

さらにこちらのは、5枚が
(1枚x2)x2枚+1枚の構成に
なっているので、
大きな回路にも対応できることです。



.





.

Nゲージ 車窓カメラ(コミカム)


上海問屋 コミカム



ドスパラで上海問屋のコミカム
 \5,000(税込)で買ってきました。

どうやら、Nゲージの界隈では
ワサワサしているようです。










Nゲージの高さ方向の
車輛限界は、パンタを不自然に
思いっきり上げて
40mm程度です。










一方、
SONY製です。

これだと、
高さが 55mmほどあります。

つまり、勾配を気にするのに
40mmではなく、55mを
意識しないといけない。。。





そこで、コミカムです!

なんと 25mm しかありません!











というわけで、これで試走させたいですね~!

.


電線入手…

.

年末年始休みも、1/8を残すのみ!!!
なんとか、有意義に使いたい1日です。




年末に切れてしまった電線。やっと到着。




100m巻を3巻も買ってしまう。。

\6,000なり~



これで、やっと内回りにも配線できるわ・・










.

プロフィール

hiro989

Author:hiro989
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR