鉄道模型 レール vol.4

20-132 曲線線路 R348-45° (4本入) - 2点

R348が来ました。(写真の中央)






R480/447は、明日かな?

20-185 複線曲線線路R480/447-45° (2本入) - 1点
スポンサーサイト



鉄道模型 レール vol.3




21-000 フレキシブル線路 808mm - 8点

フレキレールが 8本やってきました!





KATO製 フレキシブル・レール 808mmで 300円、
昔から半端なくダントツで安いです(笑)...さすが、カトーちゃん!
見えないところや、R414, R447の単独設置はコレしかない!^o^/


総じて、TOMIXは、cmあたりの単価高い気がしますね(^^;

あとは
20-185 複線曲線線路R480/447-45° (2本入) - 1点
20-132 曲線線路 R348-45° (4本入) - 2点



鉄道模型 レール vol.2

通販でポチっとしたやつ。



20-140 曲線線路 R381-30° (4本入) - 3点
20-120 曲線線路 R315-45° (4本入) - 2点
20-110 曲線線路 R282-45° (4本入) - 5点
20-220 電動ポイント4番 (左) - 1点

早くも通販到着。はやっ。


あとは、

20-185 複線曲線線路R480/447-45° (2本入) - 1点
20-132 曲線線路 R348-45° (4本入) - 2点
21-000 フレキシブル線路 808mm - 8点

この10点待ち。

鉄道模型 レール vol.1



乗り鉄記事だと、全然カウンターがアップしないのに、
鉄道模型だとすごいアップの量。。。

この現実、乗り鉄の身としては、結構凹みます(笑)



さて。

地下層のレイアウトプランを練っていますが、
いまいち実感がつかめないので、レールを買うことにしました。



これまでのブログ写真を見たら
分りますが、手持ちのレールは、
30ウン年前製の茶色のレール
TOMIXレールでした。

それも、この茶色レールにも
接続部の突起が初期型の丸形、
後期形の台形と2種類あって、
これなんて思いっきり初期型。




これまでの経緯でTOMIXにするかと思いきや、
すでにこれらの過去の資産は互換が無く TOMIX製にこだわることも無いので、
線路ピッチの狭い KATO製にすることに。(TOMIXは37mm、KATOは33mm)
まぁ、気が向いたら、混合しちゃえばいいや、と(笑)


というわけで、

20-185 複線曲線線路R480/447-45° (2本入) - 1点
20-140 曲線線路 R381-30° (4本入) - 3点
20-132 曲線線路 R348-45° (4本入) - 2点
20-120 曲線線路 R315-45° (4本入) - 2点
20-110 曲線線路 R282-45° (4本入) - 5点
20-220 電動ポイント4番 (左) - 1点
21-000 フレキシブル線路 808mm - 8点

を通販でポチっと。


ただ、ポイントは値が張るのでなんとか、TOMIX製旧ポイントは救いたい。
旧式ポイントは回路が変わったみたいなので(3線式→2線式)、
要改造のようですが・・・(汗
 そもそも、動くのか?という問題もありますがね。。。


鉄道模型 レイアウト部屋 L1



思った以上に部屋が狭い(汗

180cm x 90cm を
L字型に組み合わせた形。

カーブを考えると
直線がほとんどできない(泣)










3層構造か?






ポイントをどんだけ~



ギャップは10個程度か?どんだけ~


北海道/東北/北越遠征 Jump

北海道/東北/北越遠征(44)9日目:最終日

9/6 (日) 週末パス 2日目



●直江津

六日町行き
北越急行HK100形電車

11月29日まで
土曜,休日は「ゆめぞら」で運転








分割中~












分割された
ET127系電車に乗車。
ET:Echigo Tokimeki ですな。

製造された0番台
13編成中の 10編成が
JR東日本から
えちごトキめき鉄道へ譲渡。
(V1~11の10編成。V3を除く)

本編成は、V6改め V5編成。

●直江津
| 8:12発
|  えちごトキめき鉄道
|  
妙高はねうまライン(普通)
|  [妙高高原行]49分
| 9:01着
○妙高高原




えちごトキめき鉄道V5編成(右)
(約20年落ちの車両)
しなの鉄道115系S11編成(左)
(約40年落ちの車両)

20年落ちと40年落ちの車両、
しなの鉄道、大変だなぁ・・・

えちごトキめき鉄道と
しなの鉄道北しなの線は、
初乗りです。
まあ、過去に乗った路線では
ありますが。。。

○妙高高原

|  9:07発
|    しなの鉄道北しなの線(普通)[長野行]41分
|  9:48着
○長野(JR・しなの)




○長野(JR・しなの)
|  9:53発
|    JR信越本線(快速)
|    [軽井沢行]10分
↓篠ノ井
|    しなの鉄道
|    しなの鉄道線(快速)
|    [軽井沢行]1時間5分
|  11:08着
○軽井沢

115系 S15編成で軽井沢へ!

1977年、東急車輛製。
2015年03月にしなの鉄道へ
譲渡されたばかりで、
塗装はまだJR東日本色。

ちなみに、
上のS11編成も1977年製。


○軽井沢
|  11:20発
|    バス[横川行]34分
|    運賃 \510
|  11:54着
○横川(群馬)

新道経由で横川行き。
旧道じゃないのでツマらん!






○横川(群馬)
|  13:08発 / 12:08発
|    JR信越本線(普通)
|    [高崎行]31分
|  13:39着 / 12:39着
○高崎(JR)

小雨が降ってきたので、
碓氷峠鉄道文化むら」には
寄らずに、帰宅を1時間前倒し。


乗車したのは、115系 T1144編成 でした。



○高崎(JR)
|  13:53発 / 12:52発
|    JR高崎線(普通)[熱海行]1時間46分
|    JR高崎線(普通)[熱海行]1時間47分
|    グリーン車 \780
↓上野
|    JR上野東京ライン(普通)[熱海行]6分
↓東京
|    JR東海道本線(普通)[熱海行]8分
|  15:55着 / 14:55着
○品川
|  16:12発 / 15:02発
|    京浜急行本線(快特)[羽田空港国内線ターミナル行]8分
|  16:20着 / 15:10着
○京急蒲田
|  16:24発 / 15:14発
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]3分
|  16:27着 / 15:17着
■大鳥居

というわけで、最終日の写真は、あっさりしたものですが・・・
9日間(実際は10日ぶりの帰宅)の大旅は無事終了~っ!!!
2429Dに付き合ってくれた、某O氏、サンキューでした。

楽しかったぁ~!!!


東北北越遠征(43)8日目:府屋~直江津

9/5 (土) 8日目:青春18きっぷ&週末パス(1日目)



酒田駅から いなほ に
乗る手もあるのですが、
ここは なるだけ安く(^^;




きっぷは、こんな構成で。






○府屋
|  18:54発
|    いなほ14号(自由席)
|    [新潟行]1時間13分
|    自由席 \930
|  20:07着
○新潟






E653系 U-103編成でワープ!
(元カツK303編成 [イエロー・ジョンキル色])
ここからは、青春18きっぷではできない技!



○新潟 
|  20:19発 

|    Maxとき348号
|    (自由席)[東京行]22分 

|    自由席 \1,840

新潟~長岡 乗りつぶし完了!

|  20:41着 
○長岡





上越新幹線、乗り潰し完了(笑)
長岡以南は、水上越えを避けるために
新幹線はよく使うのだが…(爆)
外は全く見えないし、20分足らずだし、
1階に着席。うーむ。
着席した視線の先にはホームの床が。
景色が違う。。。



○長岡
|  20:54発
|    しらゆき10号(自由席)
|    [新井行]51分
|    自由席 \590
|  21:45着
■直江津






特急「しらゆき」に初乗り!!!

E653系 H-204編成に乗車
(元カツK308 [ブルーオーシャン色]+K354編成)


E653 U-108編成 と H204編成だけは、1000/1100番台化の改造の際に
元のK308編成とK354編成のクハとモハを交換する小細工がされています。
(1100番台同士を併結し、4+4の8連化運用を可能にするためと思われる)



東北北越遠征(42)8日目:酒田~府屋

9/5 (土) 8日目:青春18きっぷ&週末パス(1日目)

酒田まで、青春18きっぷ(5回目!) でした!
酒田から先は 週末きっぷ です。
(まぁ、府屋でもいいんですけど…)

※週末きっぷの羽越本線北限が酒田駅なのです。



酒田にまだ
サハを含む14両の
(C2、C5編成 の模様)
211系が疎開してる・・・

移動中&光量不足で、
いまいちな写真。








●酒田
|  17:22発
|    JR羽越本線(普通)
|    [新津行]1時間20分


架線はありますが、
酒田から南は、
キハ100系気動車で移動です。
(キハ110-216)




↓間島
|    JR羽越本線(普通)


(間島駅付近で撮影)

この日も、
夕日にありつけず (;_; 泣







|    JR羽越本線(普通)
|  18:42着
○府屋

顔が あまり好きじゃない
きらきらうえつ仕様の駅名標。








外はすでに真っ暗。

駅舎撮影はあきらめて
出入口の看板(笑)を撮影。

うーん。
我ながら発想が
イマイチだな(汗




東北北越遠征(41)8日目:大鰐温泉~羽後本荘

9/5 (土) 8日目:青春18きっぷ(&週末パス 1日目



●大鰐温泉
|  11:32発
|    JR奥羽本線(普通)
|    [秋田行]2時間21分
|  13:53着
○秋田

701系 N6編成で秋田へ~!






秋田駅に到着すると、
向こうのホームには、
朝見た、青池編成が!!!

ほんの20分程度前に
到着したところ。。。
(定刻通りなら13:31着)







暇なので、わざわざ
近くに行って撮影(爆)












秋田駅での約1時間半待ちは
かなりキツイ。
1本早いので、羽後本荘まで
移動することに。

701系 N22編成で移動~。
(写真右)

○秋田
|  15:16発 / 14:27発
|    JR羽越本線(普通)
|    [酒田行]1時間52分
|    [羽後本荘行]42分
|  16:04発 /15:09着
○羽後本荘



結局、羽後本荘で
1時間待ちなんだけど(笑)

まあ、ここも
2013/11/23振り です。

まあ、今回は、
由利高原鉄道には行きませんが。
興味のある方は↑で
飛んでください。




ここの跨線橋も、
大鰐温泉駅と同様に、
幅が違いますね~!















羽後本荘駅 駅舎
(前回は駅舎撮影せず)











○羽後本荘
|  16:05発
|    JR羽越本線(普通)
|    [酒田行]1時間3分
|  17:08着
■酒田


最後の 701系 N14編成 で
酒田まで。



青森~酒田:運賃 \5,080

ここまで、青春18きっぷ(5回目!) でした!



この続きは 週末きっぷ で!

東北北越遠征(39)8日目:青森~大鰐温泉

9/5 (土) 8日目:青春18きっぷ(&週末パス 1日目

北海道遠征は、東北北越遠征と名を変え、まだまだ続きます(^^;






●青森

青森駅前(横?)の
広場から撮影。

雲が多め・・・うーーむ。









701系 N11&N29編成の
5両編成で弘前まで!


おっと、左隣に、8:10発の
リゾートしらかみ 2号
青池編成が!






701系の車内から撮影。。。

リゾートしらかみ青池編成は
東急車輛製造製の HB-E300系
なお、来年には、
キハ40 橅編成が
HB-E300化される模様。






この編成もあと1年限り。
廃車されるか、はたまた、
ほかに転出するかは謎!





こちらは、
臨時)リゾートあすなろ八戸2号

青池編成と異なり、
新潟トランシス製。







●青森
|  7:55発
|    JR奥羽本線(普通)
|    [弘前行]44分
|  8:39着
○弘前

弘前から大鰐温泉へも
701系(N102編成)で。

東北は701系が
ウジャウジャ います。


○弘前
|  9:02発
|    JR奥羽本線(普通)
|    [大館行]11分
|  9:13着
■大鰐温泉

大鰐温泉駅で下車。

弘南鉄道ホームには、
元東急7000系が。





正面の顔。(2013/11/22撮影







JRと弘南鉄道で跨線橋を
共有しているわけですが、
・・・なんだかね。











久しぶりの大鰐温泉駅の
駅舎撮影。










北海道遠征(38)7日目:洞爺~青森

9/4 (金) 北海道フリーパス 7日目




|    JR室蘭本線(普通)
|    [東室蘭行]25分
|  16:05着
○洞爺

キハ150 + キハ40 で
洞爺まで戻ってきました!







東室蘭へさようなら~


こんな感じで移動デス!

函館←小幌←(洞爺)←東室蘭
    
函館 
小幌 → 洞爺
        ↓
函館←(小幌)←洞爺




洞爺駅。 2006年に
改築されたばかりの駅舎

写真左の国旗は、
洞爺湖サミットの記念碑。









洞爺駅スタンプ

結構新しいせいか、
くっきり! (^o^)/




















○洞爺
| 16:26発
|  北斗12号(自由席)
|  [函館行]1時間52分
|  自由席 \2,160
|  運賃 \2,810
|  北海道フリーパス指定席
|  (5回目)




キハ183系 7550番台で函館へ!
(エンジン置換らしいが、なぜか、wikipediaには 7***番台の説明がない。)



森駅の手前。

駒ケ岳が見える・・・はず。
相変わらず、頂上付近は
雲に隠れて・・・・



↓森
|  北斗12号
| 18:18着
○函館
| 18:21発
|   白鳥96号(自由席)[新青森行]1時間57分
|   自由席 \1,730(木古内まで)
|   運賃 \3,000(中小国まで)
|   北海道フリーパス指定席(6回目)
↓中小国
|   指定席 \1,860(木古内から)
|   運賃 \580(中小国から)
| 20:18着
■青森

北海道の旅が終了し、485系 A5編成で 東日本に戻ってきました!



3000番台も、6両編成が3編成(A1,A5,A6)、4両編成が1編成(A8)、
増結ユニットが3セットしかなく、すでに貴重な存在です!!!

来年、北海道新幹線が開通するとき、この 485系 3000番台もお役御免に。
きっと、廃車されることになるのでしょうね。。。



北海道遠征(37)7日目:小幌

9/4 (金) 北海道フリーパス 7日目



●小幌

下りホーム

駅名票の下には管理ノートが…。

ネットで検索すると、
これを管理している人の
サイトを発見!→ ここ





撮り鉄じゃないので、
三脚は関係なし、っと・・・。




















長万部方面の時刻表

07:14
08:33
11:35
15:12
19:12

の5本。

ちなみに、室蘭方面は

09:16
15:40
17:55

の3本だけ。

今回は、
15:11着~15:40発のパターンで
行動します!



上りホーム側に
保線用の小屋があります。

そして、その左側には。。。










この先には、
海岸があるようですが
夏ということもあり、
雑草が生い茂り…、
蛇が出るかも?!ということで
いく気はおきず・・・(汗








右に分岐する線路(機能喪失)は
行き違い信号場の跡。












下り 貨物列車

かなりの猛スピードで
走り抜けていく。。








下り 貨物の後に、
札幌行 特急北斗9号が
走り抜けます。

構内放送がしっかり流れます!
もちろん、構内踏切も
しっかり降りています。




北斗9号通過後
遮断機が上がることなく、
上りの貨物列車
DF200-58 & コンテナが
走り抜けます。






約30分滞在の間に、
貨物2本、特急1本を堪能し、
東室蘭行きに乗ります。

人が多くて被ってしまった>_<

●小幌
|  15:40発
|   JR室蘭本線




北海道遠征(36)7日目:小幌

9/4 (金) 北海道フリーパス 7日目




|    JR室蘭本線(普通)
|  15:11着
■小幌

結構、人が降りてます。。







来ましたよ!秘境中の秘境!
小幌駅に!(※)

この小幌駅は2015年7月に、
JR北海道は廃止の可能性を示唆し
2015年10月を目処に廃止する
意向が発表された。

これに対し、駅のある豊浦町が
駅の管理・運営を検討に至り、
2015年10月での廃止は
一旦見送りに。




さて、この秘境駅 小幌駅は、
廃止されることに
なるのでしょうか?



※秘境駅:小幌駅
牛山隆信 氏の秘境駅 Top 1















小幌駅は、トンネルとトンネルの
間に挟まれており、ようは、
谷間なわけで、ホームの下は、
川?が流れています。

つまり、ホームは橋の上。

















室蘭方面側
左:「礼文華トンネル」
右:「新礼文華山トンネル」

二つのトンネルの間にも
トンネル坑口がある(閉鎖)








長万部方面側
「新辺加牛トンネル」
(幌内/美利加浜トンネル)










北海道遠征(35)7日目:室蘭本線

9/4 (金) 北海道フリーパス 7日目


フリーパスも最終日。
とうとう、北海道ともお別れです・・・



●岩見沢(9:08発)


岩見沢から沼ノ端経由で
苫小牧まで室蘭本線で移動です。










キハ40-1786と・・・(→)




キハ40-1787(↓)

と車番が連番でした!!!




●岩見沢
|  9:08発 
|   JR室蘭本線(普通)
|   [苫小牧行]1時間18分 
|  10:26着 
↓沼ノ端

|  10:26発
|   JR室蘭本線(普通)
|   [苫小牧行]9分
|  10:35着
○苫小牧



これでJR北海道は 100% 乗りつぶし完了デス!!!
JR四国に続き2島目!!!

あとは、JR九州、JR東日本、JR西日本だっ!!!



○苫小牧
|  12:29発
|    JR室蘭本線(普通)
|    [室蘭行]1時間19分
|  13:48着
○東室蘭

キハ150で東室蘭へ~






○東室蘭
|  13:53発
|    JR室蘭本線(普通)
|    [長万部行]1時間18分


引き続き、キハ150で移動!








↓北舟岡


この駅も、ホームの向こうは、
すぐ海です!







北海道遠征(34)6日目:余市~岩見沢

9/3 (木) 北海道フリーパス 6日目

16:48発のに乗ろうと思ったら、数分ミスって、
目の前で逃げられた。。。



●余市
|  18:31発 / 17:44発
|    JR函館本線(普通)
|    [小樽行]24分
|    [小樽行]29分
|  18:55着 / 18:13着
○小樽







キハ40-823の扇風機
JNRマークがない・・・

(マークがあるやつもあった)










○小樽
|  19:04発 / 18:34発
|    エアポート194号
|    エアポート190号
|    [新千歳空港行]32分
|  19:36着 / 19:06着
○札幌(JR)


721系で札幌へ。。。













○札幌(JR)
|  20:00発 / 19:30発
|    スーパーカムイ39号
|    スーパーカムイ37号
|    (自由席)[旭川行]24分
|    自由席 \620
|    運賃 \840
|  20:24着 / 19:54着
■岩見沢

785系で岩見沢へ!












北海道遠征(33)6日目:余市/ニッカ

9/3 (木) 北海道フリーパス 6日目


|    JR函館本線(普通)
|  14:13着
■余市



○余市

余市といえば、マッサン

マッサンといえば、朝ドラ
朝ドラといえば、あまちゃん

マッサンは、
ほとんど見てません(汗





◆ニッカウヰスキー余市蒸溜所


余市駅 駅前の
目抜き通りの突き当たり。

駅から歩いて約2分です。


見学しま~す。

案内付は、要予約なのですが、
1つ早い 15:00~ ので
見学開始!








単式蒸溜器(ポットスチル):

昔ながらの石炭直火による蒸溜。
石炭直火焚蒸溜を
行なっているのは、今では
世界中でもココのみ。

一番奥にあるのは、今年新設の
ポットスチル。
銅製で高さ約5m、胴回り約8m。
交換費用は約3千万円。


9/18から新しいポットスチルによる原酒造りが始まるとのこと。



試飲も出来ましたw

左から、「スーパーニッカ」「竹鶴ピュアモルト」「アップルワイン」












アップルワインを買ってしまいました(笑)
重い・・・(汗


北海道遠征(32)6日目:小樽

9/3 (木) 北海道フリーパス 6日目



◇色内仮乗降場跡(色内驛)

当時の駅舎を休憩所にアレンジ。
なお、色内駅は5ヶ月間のみ。
それ以外は、
仮乗降場(臨時)扱い。








色内驛付近。

線路+遊歩道 のように
なっており、結構、
散歩されている方が多い。

なんで、こんな幅広かというと、
過去に、複線だった時期も
あるようです。





ここから線路は一旦下り、
また登っています。

廃止後に掘削したのかな?
(この100mくらいだけ、
 レールを敷設しなおしてる
 感じがする…)






この日は、線路上で
写真展をやってました。

この先(写真の手前方向)には
小樽市総合博物館があります。
この総合博物館は、
小樽交通記念館などの
複数の施設の複合体。

いろいろな車両が
保存されているので、
次回、行ってみよう~!!!



小樽駅に戻ってきた。

小樽駅 駅舎。











キハ150で
余市に向かいます!!!



○小樽
|  13:50発
|    JR函館本線(普通)
|    [倶知安行]23分





北海道遠征(31)6日目:岩見沢~小樽

9/3 (木) 北海道フリーパス 6日目

昼過ぎに出発の予定でしたが、
札幌&小樽で暇つぶしをすることにして、
ちょっと早めに出発。



●岩見沢

岩見沢駅で撮影。

いい天気です。

でも。。。長続きしないのです
この天気(;_;
















●岩見沢
|  12:05発 / 9:55発
|    JR函館本線
|    (いしかりライナー)
|    [ほしみ行]38分
|    スーパーカムイ14号
|    (自由席)
|    [新千歳空港行]25分
|    自由席 \620
|    運賃 \840



微妙にスカートが
欠けちゃいました。

785系 NE-502編成で
札幌まで。


|    スーパーカムイ14号
|  12:43着 / 10:20着
○札幌(JR)



札幌では、仕事の関係で某所に立ち寄りご挨拶。
(本当は寄るつもりは無かったのだけれど…
 この休んでいる時期、仕事関係は大炎上してたので(爆)、ねぎらいのご挨拶)




○札幌(JR)
|  13:14発 / 11:14発
|    エアポート125号
|    エアポート105号
|    [小樽行]32分
|  13:46着 / 11:46着
○小樽

札幌~小樽は、
721系 F-3202で移動。

JRで異種で唯一(たぶん)、
車番が被っている
(721/E721)車両。









小樽駅で時間があるものの、
有名な運河をめぐる時間ほどは
ないので、プラプラと
駅の周辺を散策することに。

・・・廃線跡を発見!
(知りませんでした)

















約30年前に廃線になったもので
現在も、廃線跡のほとんどが
線路とともに保存されています。



















看板もあります。













道路にもレールが
しっかり残されてます!



ここに、LRTを通す話が
あるとか、ないとか・・・。














北海道遠征(30)5日目:2429D 再び

9/2 (水) 北海道フリーパス 5日目



↓落合
|    JR根室本線(普通)
|    2429D 再び!


小雨模様 (;_; 涙

傘を差すほどじゃない雨が
不幸中の幸い。





跨線橋から
タラコ&新得方面を撮影



|    JR根室本線(普通)
|    2429D 再び!
|  14:13着
⚪︎帯広





初日に、
帯広駅構内で気になった、
エスタ帯広西館の
「豚丼のぶたはげ」。

初日は、新得駅で
おにぎりを買ったりしてたので
お腹いっぱいで食べる気力が
なかったのだが…。
今回は、お腹を空かせて…




豚肉4枚で、920円。

味はまずまず。
ただ観光客向け価格かな(^^;







⚪︎帯広
| 15:10発
|  スーパーおおぞら8号
|  (自由席)
|  [札幌行]2時間34分
|  指定席 \2,900
|  運賃 \4,750
|  北海道フリーパス指定席
|  (4回目)





キハ283-18に乗車。
こいつも車番がシールだ!


|  スーパーおおぞら8号
| 17:44着
○札幌(JR)

この日は、大雨のため
一時間半遅れで札幌に到着。


○札幌(JR)|  17:49発 / 19:10発
|    スーパー宗谷3号(自由席)[稚内行]25分
|    自由席 \620
|    JR函館本線(普通)[岩見沢行]41分
|  18:14着 / 19:51着
■岩見沢




711系の後継である733系で
大幅遅延の末、20:10頃に
無事、岩見沢駅に到着。











北海道遠征(29)5日目:2429D 再び

9/2 (水) 北海道フリーパス 5日目

5日目は、かなり意味不明な1日(笑)

旭川→岩見沢って、普通に考えると、こんな感じで、

●旭川
|  8:10発
|    JR函館本線(普通)[岩見沢行]1時間39分
|  9:49着
■岩見沢



●旭川
|  9:55発
|    スーパーカムイ16号(自由席)[新千歳空港行]59分
|  10:54着
■岩見沢

で、特急で1時間、普通電車で2時間弱の行程です。

それが、5日目の計画は、9:34発→18:14着 です(笑)



●旭川

天気は、下り坂です。
この時期、北海道以南は
台風/大雨などで大騒ぎだった
時期です。

週間天気予報では、
崩れないはずだったんだがな~





旭川から富良野まで
キハ150系で移動です。

●旭川
|  9:34発
|    JR富良野線(普通)
|    [富良野行]1時間19分
|  10:53着
○富良野





旭川から乗車してきた
キハ150(左)と、
富良野で増結した
キハ40-739。









もちろん、いつもの、2429D専用の板サボ。






そして滝川からやってきたのは、
タラコ色 キハ40-1749。

これは、初日の 2429D 乗車時
すれ違ったヤツですね!









定位置には、DF200-111が。
初日は、DF200-57 でした 。


○富良野
|  11:03発
|    JR根室本線(普通)
|    [釧路行]3時間10分
|    2429D 再び!





北海道遠征(28)4日目:稚内

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目



●稚内

来たときには、
観光客が頻繁に記念撮影をして
撮影できなかったので、
空いている
このタイミングで撮影!
















稚内側の
キハ261系 SE-201編成。












札幌側の
キハ261系 SE-102編成。
つまり、朝、ここに来たときと
同じ編成ってこと!

12:53分に到着して、
一旦、南稚内駅へ退避のため
移動。その後、普通列車を1本
このホームから発車させ、
この車両がここに戻ってきた。
そんな本数です(^^;



札幌行き、16:49発~21:55着。
特急を使っても、札幌まで
5時間掛かります。











そんな「スーパー宗谷4号」で
旭川まで向かいます。

●稚内
| 16:49発
|  スーパー宗谷4号(自由席)
|  [札幌行]3時間40分
|  自由席 \2,380
|  運賃 \5,400
|  北海道フリーパス指定席
|  (3回目)
| 20:29着
■旭川


ちなみに、行きは3号車、
帰りは2号車でした。







車窓で、夕日を何とか撮影!















北海道遠征(27)4日目:稚内/ノシャップ岬

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目


◆稚内/ノシャップ岬


宗谷岬方面(前回は行きました

見えるのは、風力発電の風車群。
(三菱重工業製)
これは、
 宗谷岬ウィンドファーム
と呼ばれるもの。

稚内市の年間消費電力の
約6割を発電する国内最大規模の
集合型風力発電所なのだとか。





左側先端部分が「宗谷岬」。
(実際には、この角度からだと、岬の先は隠れて見えません)
宗谷岬まで直線距離で約25km程度です。



漁船。
(イカ釣りか?)












帰り道、レンタサイクルを撮影。













ノシャップ公園横を
通り過ぎ。。












無事、稚内駅に帰ってきました。

本当は、南稚内駅まで
チャリで探検しようと
思ったけど、乗りなれてなくて
2時間半程度で挫折(爆)

そういや、氷見線のときは、
電動だったなぁ~…





「日本最北端の線路」碑


そして、駅スタンプ!

















そういえば、
稚内駅のトイレにあった
謎の警告の張り紙。

毛髪が詰まるほどの毛…
どんだけ~。

病院に行ったほうがいいよね、
その症状。





北海道遠征(26)4日目:稚内/ノシャップ岬

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目


◆稚内

チャリで海沿いを疾走!

海の透明度が高い!!!




ダラダラとチャリを漕ぐ。
寄り道しながら
50分ぐらいかけて、やっと、
稚内灯台に到着。



~北海道一高い灯台~







稚内灯台は明治33年(1900年)に点灯しました。昭和32年(1957年)映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなりました。その後、昭和44年(1969年)現在の位置に改修され階段が154段あり、この灯台は全国で2番目の高い灯台で層や海峡を守っています。
(・・・以下略)















ここに居ます!

















南側には、地図にあるとおり
自衛隊稚内分屯基地 がある。












ノシャップ(野寒布)岬!

ちなみに、前日の岬は、
納沙布(のさっぷ)岬











天気が良すぎて、
おもいっきり逆光!!!


この先に利尻山が見えるはず…
だが、太陽の光が強すぎ・・・
















なんとか撮影してみる・・・

行ってみたいなぁ~!




稚内灯台と、イルカ像

このイルカ像は、
イルカが宗谷海峡を
通過したという昔話に
基づくもの。

実際には、この地には
生息していないと思われる。



※マダライルカ:日本沿岸の北限は日本海側が新潟、太平洋側は宮城県。
 バンドウイルカ:温帯に生息(北海道は亜寒帯)、可能性はゼロではない。



北海道遠征(25)4日目:稚内/北防波堤ドーム

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目



●稚内

稚内駅近辺で
唯一のレンタルサイクル屋さんで
チャリを借りた。

2時間 \500、それ以上 \700。

時間がたっぷりあったので、
\700コースで。




まずは、稚内駅を出て、
右手の方向に海が見えたので、
そちらに移動。


←↑稚内港








稚内港北防波堤ドーム と
蒸気機関車 C55 の車輪。


元々、この地に、宗谷本線で
活躍した C55-49 が
静態保存されていたが、
腐食劣化が激しく
解体処分となり、
この動輪のみが残る。




北海道と樺太を結ぶ連絡船の
桟橋など港湾施設の保護および
桟橋を利用する
乗客の便宜のために作られた
大型の防波堤。









この稚内港北防波堤ドームの
恩恵を受ける(ドーム真横の)
北埠頭に停泊中の
海上保安庁 巡視船 れぶん

以前は、このあたりまで
(稚内駅からドームの手前まで)
線路を延長していたらしい。






SLの動輪以外に、
稚泊航路記念碑がある。


1945年までは北緯50度線を
境にして、南半分は日本
(大日本帝国)の領土であり、
1923~1945年の間、
鉄道省により
稚内~樺太大泊間に連絡航路が
開設されていた。



稚内港北防波堤ドーム の内側。




きれいに湾曲したドーム。














外海は、透明度が高く
キレイな海です。












さらに、外側から撮影。

テトラポットの量がすごい。。。
消波機能がすごそう。。。









北海道遠征(24)4日目:稚内

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目

●旭川
|  9:17発
|    スーパー宗谷1号(自由席)[稚内行]3時間36分
|    自由席 \2,380 運賃 \5,400
|    北海道フリーパス指定席(2回目)
|  12:53着
■稚内

ここで2回目の指定席カードを切る!




特急で 3時間半。。。

それでも、
一都道府県から出てない、
というのがスゴイ!
北海道、広いですなぁ~








こちらは、幌のない
SE-102編成。

つまり、
この日のスーパー宗谷1号は、
SE-201 ~ SE-102編成
の構成でした。







棒線化された単式ホーム1線の駅。
駅の柵部分にはイロイロな
ものが・・・。

日本最北端
 稚内驛

※馬+四+羊 の漢字が…(謎

札幌駅より 396.2 km














東京駅より 1,574.5 km

だそうな。

ちなみに、直線距離は、
google mapによると、
1094.4 km なんだそうな。






稚内市と鹿児島県枕崎市で
平成24年4月に
姉妹都市締結をしたそうだ。


その枕崎駅より
3126.1 km

直線距離は 1855.4 km だそう。





稚内駅 駅舎。

中央には、車止め。

この先(写真手前側)にも
線路が続いていたらしい…








関係ないけど・・・

キタカラ KITAcolor(駅舎)内の
セイコーマート稚内駅前店で
会員カードを作りました(笑)

次、使うのはいつなのだろう…







北海道遠征(23)4日目:稚内

9/1 (火) 北海道フリーパス 4日目



●旭川

ちょっと雲が多目ですが、
イイ天気には違いない!!!










ちと逆光気味?
雲が多いせいか???












●旭川

(幌で)むちゃくちゃ
空気抵抗が悪そうな キハ261系

SE-201編成








乗車したのは、キハ260-102

あ゛
シールだ・・・味気ないなぁ~










富士重工製プレート

現在は新潟トランシスへ
事業譲渡


JR北海道製シール(汗






北海道遠征(22)3日目:網走~旭川

8/31 (月) 北海道フリーパス 3日目



◆網走監獄

8/31で アジサイの花 !!!
結構、ビビるよね。

◆博物館網走監獄
|| 15:31発
||  網走バス
||  [網走バスターミナル行]9分
|| 15:40着
◆網走駅①のりば



網走駅に戻ってきました。

15:40着~17:18発の1時間半
暇で暇でしょうがないので、
1本早い、普通列車で、
北見駅まで先行することに…。








●網走

網走駅 駅名標











●網走
|  17:18発 / 16:28発
|   オホーツク8号(自由席)
|   [札幌行]3時間41分
|   自由席 \2,380
|   運賃 \5,070
|    JR石北本線(普通)
|    [北見行]1時間8分






オホーツク8号の前に
キハ40-830 +1747 で
北見まで疾走します!!!


板サボいいですねぇ~









|    JR石北本線(普通)
|  17:36着
○北見

北見駅 駅舎。

ちょっと天気がご機嫌ナナメ。
傘が必要なほどは降ってない…





○北見

キハ183系普通顔 1500番台










○北見
|  18:08発
|   オホーツク8号(自由席)
|   [札幌行]2時間51分
|   自由席 \2,160
|   運賃 \3,990
|   北海道フリーパス
|    指定席入手(1回目)


2号車のキハ182-40に乗車




2号車は、
自由席と指定席の混合車。

指定席に座りましたが、
ガラガラでした(爆)


↓遠軽
|   オホーツク8号
|  20:59着
■旭川



遠軽駅でスイッチバック。
座席を180度回転!

そして無事、旭川駅に到着。

特徴あるキハ183系の顔!
(200番台)

こちらの顔も
キハ261系で置き換えられるため
あと数年で見納め!



オホーツクのHM。

OKHOTSK は英語なのだ!
綴りが英語っぽくない。

謎の "K"






キハ183-1552+キハ182-40+キロハ182-4+キハ­183-202
だったのではないかと思われる。




回送されていきました。。。




プロフィール

hiro989

Author:hiro989
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR