レイアウト:曲線 と 数学 (2)


思いのほか、難しいらしい(某氏談)

補助線を引いて、√2=1.414 が分れば、もう分りますよねぇ???




①(x, y)
②(0, 480)
③(x2, y2)
④(x3, y3)
⑤(x4, y4)


スポンサーサイト



レイアウト:曲線 と 数学


レイアウト工事で・・・

R480 と R280 を組み合わせたら、どうなるでしょう?

中2か中3の数学の問題ですかね?


あー、フレキシブルレールだと、計算が面倒・・・(>_<)



レイアウト:スタイロフォーム L13

レイアウト用台として、
1820 x 910 x 50 (mm)のスタイロフォームを買ってきました。



スタイロフォーム(スチロフォーム (STYROFOAM)、スティロフォウム)は、
発泡スチロールの一種で、ダウケミカル社によるXPSの登録商標。
(ダウ化工は、ダウケミカル社と住友化学の共同出資)

※本来の利用目的は、住宅の外壁と内壁の間に挟み、優れた断熱材・保温材。



地下層は、強度を意識して
ベニア板にしましたが、
地上層は加工の容易さを
意識して、この
スタイロフォームにして
みました。

2016年は、
本格的にレイアウトを
作り始めます!!!








レイアウトプランに従って…コルク配置 L11



レイアウトプランに従って、自作コルク道床を配置してみる。
複線両渡りポイントが妙に生々しい…

円周を c 、半径を r 、円弧の角度を θ とすると、円弧の長さは、

c = 2 * π * r * (θ/360)

弧の中心を rc とすると、内輪側は rc-4.5mm 、外輪側は rc+4.5mm である。
内輪側の弧の長さを ci、外輪側の弧の長さを co とすると、
弧の長さの差 coi は、 co - ci であり、

co= 2 * π * (rc+4.5mm) * (θ/360)
ci = 2 * π * (rc-4.5mm) * (θ/360)

として

coi
= co - ci
= 2 * π * (rc+4.5mm) * (θ/360)- 2 * π * (rc-4.5mm) * (θ/360)
= 2 * π * (rc+4.5mm-(rc-4.5mm)) * (θ/360)
= 2 * π * (rc+4.5mm-rc+4.5mm) * (θ/360)
= 2 * π * (9mm) * (θ/360)
= 56.55mm * (θ/360)

となって長さの差が半径には依存せず固定(角度だけに依存)なのが分ります。

弧の角度が 90°の場合は、内輪側と外輪側の長さの差は約 14 mmになります。
というわけで、ケーブルを切るときは、この差を意識して
フレキシブル・レールを切り出します。



市販のコルク板 で 曲線道床 を!L10





方眼紙 に 5度ずつ (x, y)を計算して・・・

線を引いてみた。これが、カトーさんのカーブの中心線



30cm × 30cm x 2mm
コルク板



重なっている
11cm x 11cm を
切り取り、
その 11cm角を対角線に
さらに切る。





単純に正方形 3種類。













テープで貼り付け














方眼紙から転記。
内側から
215mm
248mm
282mm
315mm
348mm
381mm
414mm
447mm
480mm
の9種類



コルク材は、30cm x 30cm x 10枚だったので、2枚/セットで 5セットを作成!





KATO 複線両渡りポイント と 書籍




KATOの
複線両渡りポイントを
2個もゲット!

だんだん、本格的に?
なってきました!w





















さらに、
「鉄道模型と電子工作」
とかいう本も!


ボチボチ読みますかね!



















2両目のNゲージ車両の導入


正確には、2両目ではないのですが。。。



まずは、レールクリーニング用に
購入した、車両モドキ。


こいつは、津川洋行製の
「モップ君」(赤)









見えない場合、こちら から
飛んでください。






そして、この「モップ君」を動かすために(笑)購入した、KATO の DE10!


これが、TOMIX キハ40-2000形(東北地域本社色)に続き、2両目の購入です。
厳密には2両目じゃないですが…(^^;

購入目的が、キハ40に続き、ちょっと不純ですが気にしてはいけません(^^;




こんな感じでクリーニングする
ことになるんじゃないかと
思います。

PULL型なんですよね。
手の届かない引込み線は、
どうしよう…?(汗







ついでに、キハ40用の純正の
室内照明ユニット0733も購入。

これは、あくまでも比較用デス。


こちらは、キハ40に
組み込んでみたいと思います。








Made in China 製 (その3)


Amazonで、
Arduino FT232RL FTDI USB-TTLシリアル アダプタ モジュール(怪しいw)
\415を試しに買ってみた。



12/6に注文して昨日届いたので
6日で届きましたね。













簡素な梱包












12/10に届いた
mini Pro と共に…












ケーブル経由で接続。













認識しませんね。

Amazonのカスタマレビューに、ドライバを直接読み込め、との記事があるとおり
別導入で勝手に認識しました。(.infファイルなどの修正は不要)




PCにつないで、
お試し書き込み完了!












両方ともピンヘッダーだと
使いにくいので、
こいつはピンソケットに変更!












右上:今回の模造品(^^;

左:Arduino Mini Pro互換

右下:本物FTDIが乗った
スイッチサイエンス製品







シルク印刷が小さくて読みづらいので(^^;
シールを作成してピンソケットに貼付。




越乃Shu*Kura って…


最近、都心に 『越乃Shu*Kura』 というのが来ましたね。

そもそも越乃Shu*Kura(こしのシュクラ)っていうのはだ、
JR東日本新潟支社の観光列車で、新津運輸区所属のキハ40形DCの
3両編成から成る、というのは、みんな知ってる、か…・・・


そーいや、去年乗ったなぁ~、と思って、自分のブログ検索してみたら
公開してなかった…。

というわけで、なんとか、今週中に公開しよう。。。




乗り鉄 の 旅に出たいなぁ・・・(案1)

案1

1/21or28(木)
1/22or29(金)
1/23or30(土)
1/24or31(日)
1/25or 1(月)


1/21or28(木)

●大鳥居
|17:29発
| 京浜急行空港線(エアポート急行)[印西牧の原行]4分
↓京急蒲田
| 京浜急行本線(エアポート急行)[印西牧の原行]10分
|17:44着
○品川
|17:52発
| JR東海道本線(普通)[高崎行]8分
↓東京
| JR上野東京ライン(普通)[高崎行]5分
|18:07着
○上野
|18:26発
| こまち31号(指定席)[秋田行]3時間42分
|22:08着
○秋田
|22:18発
| JR奥羽本線(普通)[東能代行]57分
|23:15着
○東能代
|23:17発
| JR五能線(普通)[能代行]5分
|23:22着
■能代


1/22or29(金)

●能代
|7:44発
| JR五能線(普通)[弘前行]1時間45分
↓深浦
| JR五能線(普通)[弘前行]1時間49分
|11:22着
○五所川原
|11:22発
| 徒歩3分
|11:25着
○津軽五所川原
|11:40発
| 津軽鉄道(急行ストーブ)[津軽中里行]48分
|12:28着
■津軽中里

●津軽中里
|12:50発
| 津軽鉄道(急行ストーブ)[津軽五所川原行]47分
|13:37着
■津軽五所川原

●五所川原
|15:15発
| リゾートしらかみ4号(指定席)[秋田行]3時間45分
|19:00着
■秋田

●秋田
|19:27発
| つがる9号(自由席)[青森行]2時間41分
|22:08着
■青森


1/23or30(土)

●青森
|8:32発
| 青い森鉄道(普通)[八戸行]1時間29分
|10:01着
○八戸
|10:07発
| JR八戸線(普通)[久慈行]1時間43分
|11:50着
○久慈
|12:13発
| 三陸鉄道北リアス線(こたつ列車)[宮古行]13分
|12:26着
○陸中野田
|14:23発
| 三陸鉄道北リアス線(普通)[宮古行]1時間24分
|15:47着
○宮古
|15:53発
| JR山田線(普通)[盛岡行]2時間15分
|18:08着
○盛岡
|18:37発
| はやぶさ27号(指定席)[新青森行]1時間0分
|19:37着
○新青森
|19:47発
| スーパー白鳥27号(自由席)[函館行]7分
|19:54着
■青森


1/24or31(日)

●青森
|8:25発
| 白鳥93号(自由席)[函館行]2時間1分
|10:26着
■函館

●函館
|14:03発
| スーパー白鳥28号(自由席)[新青森行]1時間52分
|15:55着
○青森
|15:58発
| つがる8号(自由席)[秋田行]2時間49分
|18:47着
■秋田


1/25or 1(月)

●秋田
|9:16発
| いなほ8号(自由席)[新潟行]3時間41分
|12:57着
○新潟
|13:07発
| とき324号(自由席)[東京行]22分
|13:29着
○長岡
|14:29発
| しらゆき6号(自由席)[上越妙高行]1時間8分
|15:37着
○上越妙高
|16:16発
| はくたか570号(自由席)[東京行]1時間56分
|18:12着
○東京
|18:22発
| JR東海道本線(快速)[品川行]8分
|18:30着
○品川
|18:43発
| 京浜急行本線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]10分
↓京急蒲田
| 京浜急行空港線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]4分
|18:58着
■大鳥居


2016年1月~3月の計画 ver.1

最近、模型?電子工作?ばっかりなので、旅に出たい。。。

月日Notes
1/ 1
1/ 2
1/ 3
1/ 4×
1/ 5
1/ 6
1/ 7×
1/ 8
1/ 9
1/10
1/11
1/12×
1/13
1/14×
1/15
1/16
1/17
1/18
1/19×
1/20
1/21×
1/22青森方面か?
1/23
1/24
1/25
1/26×
1/27
1/28×
1/29
1/30
1/31
2/ 1
2/ 2×
2/ 3
2/ 4×
2/ 5
2/ 6
2/ 7
2/ 8
2/ 9×
2/10
2/11
2/12
2/13
2/14
2/15
2/16×
2/17
2/18×
2/19
2/20
2/21
2/22
2/23×
2/24
2/25×
2/26
2/27
2/28
2/29
3/ 1×
3/ 2
3/ 3×
3/ 4
3/ 5
3/ 6
3/ 7
3/ 8×
3/ 9
3/10×
3/11
3/12
3/13
3/14
3/15×
3/16
3/17×
3/18
3/19
3/20
3/21
3/22
3/23×
3/24×
3/25
3/26
3/27
3/28
3/29×

Pro Mini ATMEGA328P

12/10に、Made in China 製が届いたわけですが。

半田ごてを片手に、仮組立しました。




左が、China製Arduino Pro Mini 互換
右は、スイッチサイエンスのFT232RL搭載小型USB-シリアルアダプタ 5V







合体!










ボードで "Arduino Pro or Pro Mini" を選択。




プロセッサは、328-5V-16MHz を選択!




お試しスケッチは、定番の BASIC の Blinkで!




特に問題もなく、あっけなく・・・サクッとLEDが点滅始めました!

12Pのところは、ピンヘッダーではなく、ピンソケットにしたかったので、
ピンソケットの入手待ち。




しかし、\380とは安いぞ。。。自作の時間さえももったいなく感じる(笑




Made in China 製 (その2)



今日、made in china 製、第2弾!!!が届きました。

確実に航空便ですね。(読める読める(笑))
まあ、AIR MAIL とも書いてありますけれども。。。




中身。。。分りづらい。。。



取り出してみます。。。



右側の小さいほう、
 12Px2
 6Px1
 Pro Mini ATMEGA328P 5V 16MHz 電子ブロック Arduino互換
というやつ。

500円玉を挟んだ左側とほぼ同じ機能(らしい)
なんと、この Pro Mini ATMEGA328P は \380 なのです!



自作の Arduino基板が、
\600程度なので、
自作するよりも安い(汗

さらに、ATMEGA328Pが
DIPじゃなくQFPなので、
Analogが6個じゃなくて
8個もある!





遊ぶのは、土日で。。。




Made in China 製

メス ジャンパ線 コネクタピン(300個)が、約10日かかって到着!

\617円なり~





船便じゃなさそう~




こんな感じ。。。

肝心の、メスジャンパーワイヤコネクタやら、メスジャンパーケーブルプラグコネクタ は、まだ中国から送られてきません・・・(^^;




Nゲージ 接触不良対策


Nゲージの車両をループでグルグル走らせていると、
しばらくすると止まってしまいます。

レールと車輪の接触面がスパークして、絶縁物がレールや車輪に付着し、
これが原因で止まる、というわけです。

うちには、動力車がキハ40の1両しかないのですが、もうヘロヘロです。


というわけで、クリーナーの登場ですね。
通販でイロイロ買ってみました。



有名どころですね。

TOMIXの
レールクリーナー。

某ヨドバシで
\555でした。











こいつは、
動力車の動輪を
クリーニングする
ソフト君N
(津川洋行)
\1,680












これに似たものとして、
TOMIX マルチ車輪クリーニングレール
というのがありますネ。
\4,000近くします。
こちらも津川洋行の
無動力車用ホイルクリーナ
ソフト君2型
\1,180




最後は、レール磨き用に買った
PIKAL(ピカール)
練りタイプ

\477









あ゛あ゛あ゛

固定レイアウト用のレール磨き対策が抜けてる・・・





皆さんは、何を使って、レールや車輪をクリーニングしてますか?



石焼き でない 石焼きいもぉ~♪



東洋アルミエコープロダクツ株式会社の 石焼きいも 黒ホイル

オーブントースターで 簡単に石焼き芋が出来るそうな。

安納芋が手に入ったので、ちょっくら、やってみた。



小さいやつを2個ほど同時にオーブントースターで焼いてみる。

結局、25分ほど掛かってしまった・・・。




思いのほか、ホクホクにできました(^^)

この黒ホイルではなく、通常の銀ホイルを使うと2倍の時間が掛かるそうな…。



ちなみに、この東洋アルミエコープロダクツ株式会社さんのWebページを見ると
「石焼きいも®黒ホイル ※石焼きいもは登録商標です。」とあります。

石焼きいもが登録商標だと!?と思って調べてみたら、

登録番号:第5330849号
出願日:平成21年(2009)12月11日
6    アルミニウム箔,その他の非鉄金属及びその合金,金属製包装用容器

登録番号:第5321325号
出願日:平成21年(2009)12月21日
21    食品の調理用又は保存用のアルミホイル,食品の調理用又は保存用のアルミニウム箔製又はアルミニウム製の袋及び容器,アイスペール,泡立て器,こし器,こしょう入れ,砂糖入れ,塩振り出し容器,卵立て,ナプキンホルダー,ナプキンリング,盆,ようじ入れ,ざる,シェーカー,しゃもじ,手動式のコーヒー豆ひき器及びこしょうひき,じょうご,すりこぎ,すりばち,ぜん,栓抜,大根卸し,タルト取り分け用へら,なべ敷き,はし,はし箱,ひしゃく,ふるい,まな板,麺棒,焼き網,ようじ,レモン絞り器,ワッフル焼き型(電気式のものを除く。),清掃用具及び洗濯用具



2009/12/11に届けてみたけど食品扱いじゃない(?)登録商標だったのが分って、
2009/12/21に食品扱いの分を追加登録でもしたのかな?

区分6:非金属及びその製品
区分21:台所用品(なべ・食器・陶器・ガラス製品 等)



書き込めない原因判明・・・

||CPU FAN||Scythe||[http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.html 虎徹 SCKTT-1000]|| 3,180 || ||

↑wiki/HTMLモードで上を書き込むと、正常書き込みの表示が出るのに、
結局、表示できない。

ちなみに、かんたんモードで、"虎徹 SCKTT-1000" に対して、link 設定として、
http://www.scythe.co.jp/ 
http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.html
のいずれかを設定しても、同じ結果になる。

同じ結果とは、




の表示がされるが、実際に、「投稿した記事を見る」で見に行っても、




と出て表示されない。

ちなみに、リンク先を微妙に変えてみる。

○ http://scythe/ 単語のみ
○ http://scythe.co.jp/ www を抜く
× http://www.scythe.co.jp/ 本物のURL (wwwが偽者です)
○ http://wwww.scythe.co.jp/  wが4つ
○ http://wwww.scythe..co.jp/  coの前の "." が連続
○ http://www.scythe.jp/ .coを抜く

明らかに、URL を見て動きを変えているとしか思えない(汗

非常にいやらしいのは、×なときでも、「確認」ボタンでは正常に
確認画面が表示されるのだが、実際に「決定」ボタンで決定すると
↑にあるとおり、正常に投稿が完了した、といいながら、実際には
誰も、見ることも、(書いた本人ですら)参照することも、消すこともできない、
ということ。

これは、かなり闇すぎる。。。

おそろしや。



某氏のパソコン 総額結果発表!

部品 メーカー 型番 費用(税抜)Note
ケース ENERMAXFulmo_Q_ECA3360B-BT(U3) 3,686
電源 AOpen KRPW-N600W/85+ 6,186
マザーボードASRock H170 Combo 14,557 memory 6 slot
CPU INTEL Intel CPU Core i7-6700K 43,216 Socket LGA1151
CPU FANScythe虎徹 SCKTT-1000 3,180
MEMORY Team TED316G1600C11DC 9,980 DDR3 PC3-12800 8GBx2
OS Microsoft DSP版Windows10 64bit13,750 Home x64
SSD SanDisk SDSSDA-240G-J25C 9,780 240GB
USB Lexor USBmemory 8GB JumpDrive S50 368 OS install用
HDD 0
keyboard 0
mouse 0
宅配便 ヤマト 1,207
105,910 合計
114,383 消費税込
Video-card Palit GeForce GTX960 OC 22,204 (税抜き)

さて、彼は、Videoカードを買うのでしょうか!?(笑)

なぜか記事が書き込めない・・・

さっきから wiki/htmlモードで書き込んでいて、

書き込みが完了しました!

っていわれているのに、書き込みが完了してない・・・罠。


最近、コメントのアクセスポリシーを変えてから、どうも調子悪いぞ!




....って、簡単モードで書いてみるテスト!



某氏のパソコン 組み立てるど~!(2)




お高いシルバーグリスを使う!













虎徹 SCKTT-1000
でかいです(汗

冷えるんでしょうなぁ~

ケース幅から出てます(汗
でも、このケースに
ギリギリ入りました!
フタがちょっと膨らんでて
セーフ!




ケースには、しっかり
FANが標準装備!
\3,980なのにね。



RailSimのために、
Videoカード買いますかねぇ…、
この所有者は…。














このケース、電源は、
ケースの下に置くようです。

この電源、かなり
コンパクトです。
奥行き(写真でいうと左右の幅)
がコレまでのもに比べ、
12.5cmと短いです。






SanDisk の
SDSSDA-240G-J25C は縦置き。












メモリは、DDR3 4枚 または
DDR4 が 2枚刺せる変態野郎。

今回は Term 製DDR3
8GB を2枚刺し

つまりトータル 16GB。

















電源を入れてみる!
「ASRock」表示が出た!!!












BIOS画面、えらくグラフィカル!!!
CPU温度40度、だと!



DVD driveでインストールしよう
と思ったけれど、面倒なので、
MicrosoftのWebページから
ダウンロード

Lexar の 8GB USBメモリは
Amazon で \398 。

レビューで write が遅い!
とかいうのがあるが、
インストール用で write はせず
Readしか、しないので問題なし!



Windows 10 Home DSP版
\13,980。

CPU、マザーボードの次に
お高い品物…(汗

USBメモリを端子に刺して、
インストール開始!






というわけで、
インストール完了しました!

梱包も終わり、
あとは送るだけ!









某氏のパソコン 組み立てるど~!(1)




11/28に全てが揃ったPCパーツ。


12/8着がお望み、とのことで、
今の今まで、寝かせてた。。。









ケースから取り出します!













なかなか渋いケース。

つーか、やっぱり、
タワーケースはデカイです(汗

本当にこのケースで
よかったのでしょうか?(滝汗

Fulmo_Q_ECA3360B-BT(U3)





デカイケースのおかげで、
内蔵デバイスやら、
面長Videoカードなどは
余裕そうです!

\3,980(税込)にしては上出来!








マザーボードは、
ASRock の H170 COMBOです。

DDR4 2枚か、DDR3 4枚を
選べるという超~変態マザー。









黒光りするやらすぃーボード。

かなりリッチな作り(に見える)

USB 8個に、SATAが 8個も!









i7-6700K をぶち込む!

うっ!金持ち野郎!!!>持ち主











i7-6700K
4.00GHz

の刻印が見える!!!










EV-E801系 と JR九州


先月の11/20に、JR東日本から、

「新たに交流電化区間と非電化区間を走行できる新型交流蓄電池電車「EV-E801系」の2両1編成を男鹿線に導入いたします。この車両は、九州旅客鉄道株式会社が投入を進めている「架線式蓄電池電車」をベースに、耐寒耐雪対応等のカスタマイズを行うものであり、性能評価や技術的検証を行った後、男鹿線に導入する予定です。」

とのプレスリリースがあったのは皆様もご存知の通りかと思います。




このEV-E801系は、JR九州が丁度1年前の 2014年11月に

「JR九州では、これまで電化されていない(非電化)区間を走行する気動車に替わる次世代の車両として蓄電池で駆動する車両の開発に取組んできましたが、実用化に向け、量産車両の製作に着手します。平成28年秋から若松線に大容量蓄電池を搭載した架線式蓄電池電車7編成(14両)を順次導入する予定です。当社としては初めての営業線への導入となり、交流電化区間で充電する蓄電池電車では日本で初めてとなります。」

プレスリリースしており、JR九州の営業運転開始時期
平成28年秋:1編成2両を先行導入
平成29年春:6編成12両を追加導入
と発表されています。


写真は817系改造試作車の走行試験風景

一方、JR東日本は、営業開始時期を2017年(平成29年予定、としていることから、JR東日本の EV-E801系は、JR九州の前年秋の先行導入の結果を取り込んでの導入になることは想像に難しくない話しです。


さて、ここからが本題!

プレスリリース通りに読むと、JR九州が先行して営業運転を開始するのに対して、当然JR東日本はその結果のフィードバックを得て営業運転を開始するわけです。
後だしのJR東日本は EV-E801系 と公言しているのに対し、JR九州はまだ型式を公言していませんね。ここ、気になるところですよね。

JR九州も、JR東日本に習い、EV-***系と名付けるのか?
そしてその際に、(E7/W7のように)EV-K*** or EV-Q***とつけるのか?
ネを復活させたJR九州のことだから、""を名乗り続けるのか?
はたまた、モータもあるから、キクモハなんて4文字になるのか?などなど、
JR九州の車両はいつも目が離せませんね!!!

415系を譲渡する仲のJR東日本とJR九州、中々ウレシイ話しでした。
(一方、JR東海は一匹狼っぽいですね(^^; )




大人の休日倶楽部(ミドル)




お取り寄せ。。。

こんなカードが手に入る年齢になってしまいました。。。
ウレシイやら悲しいやら・・・



ほとんど、この切符入手目当て(笑)

2016年1月21日(木)~2月2日(火)

新幹線にも乗れて、4日間で \15,000 は安いぃ~!




Arduino でNゲージコントローラーを(A1-12)


No.11 から、はや2週間。
極小 LCD に手をつけたり、寄り道しまくり~!


仮作成のパワーパックは、490HzのPWM制御なので、キハ40 気動車なのに、
VVVF音が聞こえる、という、なんとも悲しい状況でした。

そこで、490Hz から 31.37KHz にあげてみることに。

スケッチ(No.10)をちょっと変更。
----
  TCCR1B &= B11111000;  //追加
  TCCR1B |= B00000001;   //追加 31.37KHz化

  pinMode(9, OUTPUT);     // 出力に設定
----



とりあえず、VVVF音(笑)は消えた。。。

・・・けど・・・モーターの逆起電力が発生して、えらいこっちゃ。。。
なんか、本物の電車と同じだわ~(^^;


逆起電力のおかげ?で前照灯と尾灯が同時に点いちゃってる(汗






LCD AQM0802A-RN-GBW の表示




11/30は、ここまで でした。











AQM0802A-RN-GBW は電源電圧が3.3Vですが、
5V電圧で統一したいので LP2950L-3.3V(低損失レギュレータ)を使って、
この基板の中で 5V→3.3V化します。
また、LCD1602 16x2 とピン互換(動作非互換)にします。



↑上から
GND(白)
+5V(赤)
SDA(黄)
SCL(青)
の順に並んでます。
ハンダ汚いですねぇ~(汗



なんとか無事に表示~

ただ、これだと、部品が邪魔でスタンダードSへの実装は難しそう・・・>_<
片面実装タイプの基板だとハンダが大変だぁ~・・・

AQM0802A-RN-GBW表示ライブラリは、こちら を参考にさせて頂きました。


チョー簡単スケッチ
------
#include <Wire.h>
#include <ST7032.h>

ST7032 lcd;

void setup() {
  lcd.begin(8, 2);
  lcd.setContrast(30);            // コントラスト設定
  lcd.setCursor(0, 0);
  lcd.print("hello!");
  lcd.setCursor(0, 1);
  lcd.print("Hiro_989");
}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:

}




プロフィール

hiro989

Author:hiro989
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR