Nゲージ 京葉線201系 製造計画 vol.E14-0

.

国鉄として初の電機子チョッパ制御(サイリスタチョッパ制御)を採用し、
電力回生ブレーキを装備した「省エネ電車」として有名な電車です。


短編成を前提としたいので、10輛貫通ではなく、
京葉線(青22号)6+4編成の製造を計画。


号車形式 note
東京側
クハ200
モハ200
モハ201
モハ200
モハ201
クハ201
クハ200
モハ200
モハ201
10 クハ201
蘇我側
スポンサーサイト



Nゲージ 国鉄80系2 製造計画 vol.E13-0

.

E12の14輛では、ちょっと物足りない部分があるので?追加車輛です。

サハ87 GM モハ80改(1輛)
クモユニ81 2輛
クハ85 1輛
計4輛製造

<サハ87>
E12の 東海道本線用の基本編成(10輛)は組成できましたが、
付属編成用にサハ87が1輛足りません。
完全編成!にするために、このサハ87用に1輛製造します。

<クモユニ81>
完全編成を目指すうえで、東海道本線運用時に併結されていた
クモユニ81の製造は当然の流れです(笑)
E10でスカ色を作る予定ですから、この湘南色の作成で2/5色は揃うことになります。

<クハ85>
地方転出により制御車が不足するのでサロ85/サハ87をベースに運転台を取り付けたもの。
グリーンマックスの板キットはサハ87ベースの100番台。
まあ、走らせるときのアクセント用ですな。


.

冬の18きっぷ計画ぅ~ (その2)帰省?旅行?

.

12/21(水)

●品川
|  8:34発
|    こだま639号(自由席)[名古屋行]2時間41分(ワープ!)
|  11:15着
○名古屋

|  11:37発
|    みえ7号[鳥羽行]1時間9分
|  12:46着
○松阪
|  13:09発
|    JR名松線(普通)[伊勢奥津行]1時間24分
|  14:33着
■伊勢奥津
:       
バス代行後の改めての乗りつぶし!
●伊勢奥津
|  15:08発
|    JR名松線(普通)[松阪行]1時間26分
|  16:34着
○松阪

|  16:51発
|    JR紀勢本線(普通)[亀山行]50分
|  17:41着
○亀山(三重)
|  18:38発
|    JR関西本線(普通)[加茂行]25分
|  19:03着
○柘植
|  19:08発
|    JR草津線(普通)[草津行]55分
|  20:03着
○草津(滋賀)
|  20:06発
|    JR東海道本線(新快速)[上郡行]1時間20分
|  21:26着
■神戸(兵庫)


12/22

●神戸(兵庫)
|  8:40発
|    JR山陽本線(快速)[姫路行]2分
|  8:42着
○兵庫
|  8:46発
|    JR山陽本線(普通)[和田岬行]4分
|  8:50着
■和田岬
:     和田岬線乗りつぶし♪
●和田岬
|  8:55発
|    JR山陽本線(普通)[兵庫行]4分
|  8:59着
○兵庫

|  9:02発
|    JR山陽本線(快速)[野洲行]3分
↓神戸(兵庫)
|    JR東海道本線(快速)[野洲行]33分
|  9:38着
○大阪
|  9:47発
|    JR大阪環状線(内回り)[西九条方面行]16分
|  10:03着
○今宮
|  10:09発
|    JR関西本線(普通)[JR難波行]3分
|  10:12着
■JR難波
:     一区間乗りつぶし!
●JR難波
|  11:15発
|    JR関西本線(普通)[王寺行]2分
|  11:17着
○今宮

|  11:31発
|    JR大阪環状線(外回り)[弁天町方面行]16分
|  11:47着
○大阪
|  12:00発
|    JR東海道本線(新快速)[姫路行]25分
↓神戸(兵庫)
|    JR山陽本線(新快速)[姫路行]38分
|  13:03着
○姫路
|  13:05発
|    JR山陽本線(普通)[播州赤穂行]19分
|  13:24着
○相生(兵庫)
|  13:31発
|    JR山陽本線(普通)[岡山行]1時間6分
|  14:37着
■岡山

●岡山
|  16:17発
|    JR山陽本線(普通)[下関行]7時間33分
|    369M乗り!
↓岩国
|    JR山陽本線(乗りつぶし!これにてJR西日本100%完乗!)
↓櫛ヶ浜

|  23:50着
〇下関

|  23:51発
|    JR山陽本線(普通)[小倉行]6分
↓門司
|    JR鹿児島本線(普通)[小倉行]6分
|  0:04着
■小倉(福岡)



12/23

●小倉(福岡)
|  8:04発
|    JR日豊本線(普通)[中津行]1時間0分
|  9:04着
○中津(大分)
|  9:14発
|    JR日豊本線(普通)[大分行]1時間38分
|  10:52着
○大分
|  11:27発
|    JR日豊本線(普通)[佐伯行]6分
|  11:33着
■高城
:    何用?
●高城

|  12:42発
|    JR日豊本線(普通)[大分行]7分
|  12:49着
○大分
|  12:54発
|    JR久大本線(普通)[豊後森行]1時間44分
|  14:38着
○豊後森
|  15:44発
|    JR久大本線(普通)[久留米行]1時間33分
|  17:17着
○久留米
|  17:34発
|    JR鹿児島本線(普通)[八代行]1時間26分
|  19:00着
■上熊本


1/4

●上熊本
|  8:04発
|    JR鹿児島本線(普通)[鳥栖行]53分
|  8:57着
○大牟田
|  9:09発
|    JR鹿児島本線(快速)[門司港行]1時間58分
|  11:07着
○折尾
|  11:14発
|    JR筑豊本線(普通8440M)[若松行]18分
|  11:32着
■若松

●若松
|  11:37発
|    JR筑豊本線(普通8445M)[折尾行]18分
|  11:55着
○折尾

|  12:09発
|    JR鹿児島本線(快速)[小倉行]22分
|  12:31着
○小倉(福岡)
|  12:38発
|    JR鹿児島本線(普通)[下関行]6分
↓門司
|    JR山陽本線(普通)[下関行]6分
|  12:52着
○下関
|  13:10発
|    JR山陽本線(普通)[岩国行]2時間38分
|  15:48着
○岩田
|  13:10発
|    JR山陽本線(普通)[岩国行]3時間23分
|  16:33着
〇岩国
|  16:56発
|    JR山陽本線(普通)[糸崎行]2時間13分
|  19:09着
○糸崎
|  19:10発
|    JR山陽本線(普通)[日生行]1時間5分
|  20:15着
■倉敷


1/5

●倉敷
|  7:46発
|    JR山陽本線(普通)[相生行]20分
↓岡山
|    JR山陽本線(普通)[相生行]1時間12分
|  9:21着
○相生(兵庫)
|  9:27発
|    JR山陽本線(普通)[姫路行]21分
|  9:48着
○姫路
|  10:11発
|    JR山陽本線(新快速)[敦賀行]37分
↓神戸(兵庫)
|    JR東海道本線(新快速)[敦賀行]1時間2分
↓山科
|    JR湖西線(新快速)[敦賀行]44分
↓近江今津
|    JR湖西線(新快速)[敦賀行]18分
↓近江塩津
|    JR北陸本線(新快速)[敦賀行]14分
|  13:15着
○敦賀
|  13:40発
|    JR北陸本線(普通)[福井行]53分
|  14:33着
○福井(福井)
|  15:12発
|    JR北陸本線(普通)[金沢行]1時間26分
|  16:38着
〇金沢
|  16:50発
|    はくたか572号(自由席)[東京行]1時間3分
|    運賃 \3,020 自由席 \2,590
|  17:53着
○上越妙高
|  18:23発
|    えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン(快速)[新潟行]16分
|    運賃 \240
↓直江津
|    JR信越本線(快速)[新潟行]2時間13分
|  20:53着
■新潟


1/6

●新潟
|  8:49発
|    JR信越本線(普通)[長岡行]1時間14分
|  10:03着
○長岡
|  10:34発
|    JR信越本線(普通)[水上行]5分
↓宮内(新潟)
|    JR上越線(普通)[水上行]2時間4分
|  12:43着
○水上
|  12:58発
|    JR上越線(普通)[高崎行]1時間3分
|  14:01着
○高崎(JR)
|  14:24発
|    JR高崎線(普通)[伊東行]1時間47分
↓上野
|    JR上野東京ライン(普通)[伊東行]5分
↓東京
|    JR東海道本線(普通)[伊東行]8分
|  16:26着
■品川



冬の18きっぷ計画ぅ~ (その1)田沢湖線

.

12/18 (日)

●大鳥居
|  7:20発
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[青砥行]4分
↓京急蒲田
|    京浜急行本線(エアポート急行)[青砥行]11分
|  7:36着
○品川
|  7:46発
|    JR東海道本線(快速ラビット)[宇都宮行]8分
↓東京
|    JR上野東京ライン(快速ラビット)[宇都宮行]4分
↓上野
|    JR東北本線(快速ラビット)[宇都宮行]1時間29分
|  9:29着
○宇都宮
|  9:32発
|    JR東北本線(普通)[黒磯行]50分
|  10:22着
○黒磯
|  10:27発
|    JR東北本線(普通)[郡山行]1時間3分
|  11:30着
○郡山(福島)
|  11:40発
|    JR東北本線(普通)[福島行]48分
|  12:28着
〇福島(福島)
|  12:51発
|    JR奥羽本線(普通)[米沢行]47分
|  13:38着
○米沢
|  13:41発
|    JR奥羽本線(普通)[山形行]45分
|  14:26着
○山形
|  14:52発
|    JR奥羽本線(普通)[新庄行]1時間15分
|  16:07着
○新庄
|  17:12発
|    JR奥羽本線(普通)[秋田行]2時間7分
|  19:19着
■大曲(秋田)


●福島(福島)
|  12:51発
|    JR奥羽本線(普通)[米沢行]47分
|  13:38着
○米沢
|  13:41発
|    JR奥羽本線(普通)[山形行]45分
|  14:26着
○山形
|  14:52発
|    JR奥羽本線(普通)[新庄行]1時間15分
|  16:07着
■新庄



12/19 (月)

●大曲(秋田)
|  7:01発
|    JR田沢湖線(普通)[盛岡行]1時間25分
|  8:26着
○盛岡
|  9:11発
|    JR東北本線(普通)[一ノ関行]1時間25分
|  10:36着
○一ノ関
|  10:40発
|    JR東北本線(普通)[小牛田行]46分
|  11:26着
○小牛田
|  11:33発
|    JR石巻線(普通)[女川行]1時間16分
|  12:49着
■女川

●女川
|  13:24発
|    JR石巻線(普通)[小牛田行]26分
|  13:50着
○石巻
|  13:59発
|    JR仙石線(快速)[仙台行]31分
↓高城町
|    JR仙石東北ライン(快速)[仙台行]12分
↓塩釜
|    JR東北本線(快速)[仙台行]20分
|  15:03着
〇仙台
|  15:24発
|    やまびこ50号(自由席)[東京行]2時間0分
|    10,370円
|  17:24着
■東京


●仙台
|  15:24発
|    やまびこ50号(自由席)[東京行]1時間9分
|    7,900円
|  16:33着
■宇都宮





●女川
|  14:55発
|    JR石巻線(普通)[石巻行]25分
|  15:20着
○石巻
|  15:52発
|    JR仙石線(快速)[仙台行]31分
↓高城町
|    JR仙石東北ライン(快速)[仙台行]11分
↓塩釜
|    JR東北本線(快速)[仙台行]14分
|  16:49着
〇仙台
|  17:25発
|    やまびこ152号(自由席)[東京行]2時間3分
|    10,370円
|  19:28着
〇東京
|  19:38発
|    JR京浜東北線(普通)[蒲田行]11分
|  19:49着
○品川
|  19:54発
|    京浜急行本線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]10分
↓京急蒲田
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]3分
|  20:08着
■大鳥居


〇仙台
|  17:25発
|    やまびこ152号(自由席)[東京行]1時間10分
|    7,900円
|  18:35着
〇宇都宮
|  18:41発
|    JR東北本線(通勤快速)[上野行]1時間29分
|  20:10着
○上野
|  20:16発
|    JR上野東京ライン(普通)[熱海行]5分
↓東京
|    JR東海道本線(普通)[熱海行]9分
|  20:31着
○品川
|  20:41発
|    京浜急行本線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]10分
↓京急蒲田
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[羽田空港国内線ターミナル行]4分
|  20:56着
■大鳥居

Nゲージ 国鉄80系1 製造計画 vol.E12-0

.

満を持しての80系です。はい。
もちろん、湘南色です!それも、なんと2編成も製造しちゃいます!!(a,b編成)

80系は初代の「湘南電車」。
ラッシュ対策として客車列車からの運用置換えを目的に、
長大編成組成を前提として開発・設計されました。


号車
1a クハ86
2a モハ80
3a サロ85
4a モハ80
5a サハ87GM モハ80改
6a モハ80
7a クハ86


この7輛編成から、サハ87、モハ80を1輛を抜くと、
駿豆鉄道(現・伊豆箱根鉄道)乗り入れ列車が組成可能となります。
号車号車
1a クハ86
2a モハ80
3 3a サロ85
4 4a モハ80
7a クハ86
以下未使用
5a サハ87GM モハ80改
6a モハ80


また、この2編成を組成変更することで、東海道線基本編成を組成可能になります。
1a クハ86
2a モハ80
5a サハ87GM モハ80改
4a モハ80
3a サロ85
3b サロ85
2b モハ80
5b サハ87GM モハ80改
6a モハ80
107a クハ86
以下未使用
1b クハ86
4b モハ80
6b モハ80
7b クハ86



.

Nゲージ ジオラマ ガータ橋とトンネル(D1-2)

.

木の切り出し&発泡スチロールの切り出しは、前回でした。

今回は、ちょっとだけ 手を加えました。



右の木の抑え部分が高く、発泡スチロール部分が低い。まあ、当たり前なんですが。
というのも、
・底板の厚さが 9mm
・発泡スチロールの厚みが 30mm
・右横の抑え板の幅が45mm
なので、45mm>9mm+30mm で6mmほど低いわけです。

面一にしたかったので、一思案です。




某コンビニで頂いた
割りばしです。。。


これを細かく切って…



















木工用ボンドで固定したら…





















あら、なんということでしょう!
(C)サザエさんの声












ここには、ガータ橋と、日本で2番目(?)に短いトンネルを作ります。


※底部分の隙間には、DC電源ケーブルを通します。



.

Nゲージ 流電52系 製造計画 vol.E6-0d

.

サハ87の代わりに、「No.181 サハ75100形を追加で1輛!」と
考えていたのですが、サハ75ばかり4輛製造してもつまらないので、
サハ48を2輛を製造するよう方針転換!































2輛セットな No.175ですが、サロ45(サハ45)は今回製造しません!



サハ48形
東京と横須賀・久里浜を結ぶ横須賀線に三等車として、
1930年度に18両(48001~018)、1931年に10両(48019~028)の28輛が
製造されました。
なお、52系流電は、48029~033であるが、本キットの形状とは異なります。



ちなみに、実車では、

1次車:52001+4802148024+52002
2次車:54119+75106+48034+52004 (52006は戦災で喪失)

となり調査したところ、実際には2次車+48形の組み合わせははなかったようです。


一応の完成形:52006+4802148024+52004 (本来は52006ではない)

.

Nゲージ 流電52系 製造計画 vol.E6-0c

.

前回、「で、87001は事情により問題あり!ということで」と書いたわけですが。


それはですね。これ↓が原因です。



なんだこれは!ですよね。ネットオークションで落としたやつです。

左手前から、52形+87形+75形+52形と並んでいます。





IPA 漬け。。。の現在。


「87001は事情により問題あり!」ですが、その問題は屋根ですね。

80系だと、角型ベンチレータ+半丸型押込ベンチレーターの
組み合わせなはずですが、なぜか ALL角型ベンチレータ。
逆に、75形はつるつる。。。で何もない状態。

元オーナーは、75形のベンチレータをサハ87側に付けちゃったんでしょうねぇ。


この復元処理が面倒 & 半丸型押込ベンチレーターの入手に難ありで、
現状は未使用にしようかな、と。

そんな感じです。

.

Nゲージ 国鉄51系 製造計画 vol.E11-0

.

E6で計画中の 流電52系に増結して 6連にしたり、
クモハユニ44を織り交ぜたスカ色を製造。


クモハ51-200クハ68-042
クモハ51-029クハ68-408
2編成を製造。

クモハユニ44
2輛を製造。


このうち、クモハ51 を 52系の 52006 と差し替えると、
より現実に近いなんちゃって編成ができる。

また、余ったクハ68とクモハユニ44を組み合わせた2輛編成でもいいかも~。


スカ色で、計6輛を製造予定。

.

Nゲージ 流電52系 製造計画 vol.E6-0b

.


グリーンマックスの No. 415
流電52系2編成(計8輛)にチャレンジ!!!
と、以前にぶち上げたわけですが…

よくよく調べてみると、手持ちの2編成分の
52系は、このNo.415とは別に、
No204であることが判明






こちらは、No.204








この2つ、単に、番号が違うだけでなく、編成の構成が違うのです。


No.415は、箱に書いてある通り、52形+75形+75形+52形の構成。
一方、No.204は、52形+87形+75形+52形の構成の2編成でした。


さらに、飯田線の実情は、というと、編成パターンは

52003+87001+75102+52005
54119+75106+48034+52004 (52006は戦災で喪失)

52003+75102+75103+52005

なんです。

で、87001は事情により問題あり!ということで、
急遽、No.181 サハ75100形を追加で1輛。

87001は、うーむ、まぁ、いっか・・・(汗
なかったことにしよう…

あと、54119ですが、GMに54形って無いんですよね。

GMのクモハ51で 54001,54002,54006~009はできそうです。

No.154 クモハ51形(半流)も追加で1輛。


.

グリーンマックス 板キット リストv2

.

101   81系和式客車 5輌編成セット
102   小荷物専用列車 5両編成セット
103   寝台急行列車 5輌編成セット
104   ローカル普通列車5両編成セット
105   特急「はつかり」客車 5両編成セット
106   小荷物列車 partII 5両編成セット
107   ローカル列車 part II 5輌編成セット
108   夜行急行列車 5両編成セット
109   帰省臨時急行5輌編成セット
110  
111  
112  
113  
114   オハ35形 2両編成セット
115   スハ32形 2両編成セット
116   マニ36/マニ37形2両編成セット
117   マニ44形2輌セット
118   オユ10形(冷房改造車)
119   スロ62/スロフ62形
120   スハ43形
121   オハ61形
122   オハフ61形
123   スハニ61形
124   ナハ10形
125   ナハフ11形
126   オハネ12形
127   オハネフ12形
128   スハネ16形
129   ナハネ10形
130   スハフ42形
131   スハニ35形
132   スハ44形
133   スハフ43形
134   スロ53形
135   ナロ10形
136   オロ11形
137   オロネ10形
138   オロハネ10形
139   スロ54形
140   オユ10形
141   オユ12形
142   オユ14形
143   スユ42形
144   マニ35形
145   マニ60形
146   マシ35形
147   オシ16形
148   オシ17形
149   スロ81/スロフ81形
150   クモハ41形制御電動車
151   クハ55形制御車
152   クモハ43形制御電動車
153   クハ47-100形制御車
154   クモハ51形(半流)
155   クハ68形(半流)
156   クハユニ56形
157   クモハ73形(原型)
158   クハ79形(原型)
159   モハ72+サハ78 2輌セット
160   クモユニ74-0/100形郵便貨物電動車
161   クモユニ82形郵便貨物電動車
162   クモニ83形貨物電動車
163   クモユニ81形(クモニ83-100)
164   クハ76形(スカ形)
165   70系モハ70形 2輌セット
166   貴賓電車(クロ157+モハ156+クモハ157)3両編成セット
167   クハ86-300形
168   80系モハ80-300形2輌セット
169   クハ85-100形制御車
170   サロ85-300形
174   サロ45形+サハ48形2輌セット
175   クモハ73+クハ79形(全金車)2輌セット
176  
177  
178  
179   サロ111 2輌セット
180  
181   サハ75-100形
182   クモハユニ44-800形2両セット
183  
184   飯田線119系電車Mc+Tc2両セット
185   JRクモハ123形2輌セット(可部線+身延線)
186   貴賓電車クロ157形
187  
188  
189  
190  
200  
201   ゲタ電73系原型・全金混結6両編成セット
202   新潟ローカル国電70系6両編成セット
203   全金湘南80系300番代6両編成セット
204   流電52系(飯田線タイプ)4輌編成セット
205   初期型湘南(80系1次車)6両編成セット
206   身延線低屋根4輌編成セット
207   飯田線荷電併結5両編成セット
208  
209   西武101系 先頭車(2輛セット)
210   西武101系 中間車(2輛セット)
211   国鉄157系 クモハ157 2輌セット
212   国鉄157系 モハ157 2輌セット
213   国鉄157系 サロ157 2輌セット
214   伊豆急110系 2輌セット
216   西武5000系レッドアロー中間車2両セット
217   東武8000系先頭車2両セット
218   東武8000系中間車2両セット
219  
301   京急1000系先頭車2両セット
302   京急1000系中間車2両セット
303   東急旧3000系2両編成セット
306   国鉄クモハ11-400+クハ16-400形2輌セット
307   名鉄5500系2両編成セット
308   国鉄クモハ12-040+クモニ13形2輌セット
309   東急旧5000系2両編成セット
401   近鉄2610系4輌編成セット
402   JR201系4輌編成セット
402-1 JR201系増結中間車2輌セット
403   身延線旧形国電(低屋根、41・43系)セット
403   東武8000系(更新車)4両編成セット
404   小田急5000形4輌編成セット
405   西武101系4輌編成セット
405-1 西武101系増結用中間車2輌セット
406   JR205系4輌編成セット
406-1 JR205系増結中間車2輌セット
407-A 阪急通勤車基本4輌編成セット
407-B 阪急通勤車増結用中間車4輌セット
408   京浜急行旧600形4輌編成セット
409   京成3500形4輌編成セット
410   西武5000系レッドアロー6輌編成セット
411   近鉄8810系4輌編成セット
412   阪神通勤車4輌編成セット
413   JR111(115)系初期型4輌編成セット
413-1 JR111(115)系増結中間車2輌セット
414   JR113(115)系量産冷房車4輌編成セット
414-1 JR113(115)系増結中間車2輌セット
415   JR103系(高運転台)6輌編成セット
415   流電52系クモハ52(広窓)4連セット
416   東武10000系4輌編成セット
416-1 東武10000系増結用中間車2輌セット
417   京王6000系4輌編成セット
417-1 京王6000系増結用中間車2輌セット
418   東急8500系5輌編成セット
418-1 東急8500系増結用中間車5輌セット
419   身延線低屋根国電4連・パートⅡ
419   JR211系5000番代4輌編成セット
419-1 JR211系5000番代増結先頭車2輌編成セット
420   営団6000(7000/8000)系4輌編成セット
420-1 営団6000(7000/8000)系増結中間車2輌セット
421   小田急9000(8000)形4輌編成セット
421-1 小田急9000(8000)形増結用中間車2輌セット
422   京王3000系5輌編成セット
423   京急1000形4輌編成セット
423-1 京急1000形増結用中間車4輌セット
424   東急7000系4両セット
425   東急8090系5輌編成セット
425-1 東急8090系増結用中間車3輌セット
426   近鉄12400(12200)系4両編成セット
427   近鉄2600(2430)系4輌編成セット
428   近鉄2410(1810)系4輌編成セット
429   西武451系4輌編成セット
430   東武6050系4両編成セット
431   JR211系1000番代5輌編成セット
432   JR101系4輌編成セット
432-1 JR101系増結中間車2輌セット
433   伊豆急行100系4両編成セット(Mc+Tcx2)
434-A 国鉄155系基本4輌編成セット
434-B 国鉄155系増結4輌セット
435   JR103系(低運転台)4輌編成セット
435-1 JR103系増結中間車2輌セット

436-A 京急2000形4輌編成セット
436-B 京急2000形増結用中間車4輌セット
437   国鉄157系6輌編成セット+クロ157
437-1 国鉄157系増結クモハ+モハ2輌セット
438   小田急1000形4輛編成セット
439   西武新2000系4輌編成セット
439-1 西武新2000系増結用中間車2輌セット
440   一畑電鉄2100系2輌編成セット
491   JR119系5000番台 2両セット
600  
601   箱根登山モハ1+モハ2トータルセット
601-1 箱根登山鉄道モハ1+モハ2 ボディーキット2両
602   国鉄キハ04+キニ05形 2輌編成トータルセット
603   京阪500(600)形 2両編成トータルセット
604   江の電1000タイプ2連トータル
605   箱根登山鉄道モハ1+モハ2 2輌トータルセット
606  
607  
  
   クモハ40(半流)トータルキット
7001   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車基本4両編成セット(Mc+M+T+Tc)
7002   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車先頭車2両セット(Tc+Tc)
7003   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車増結用モハ2両セット(M+M)
7004   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車基本4両編成セットA(Mc+M+T+Tc)
7005   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車基本4両編成セットB(Tc+M+M+Tc)
7006   EVO国鉄103系低運/非ユニット窓/冷改車増結用サハ2両セット(T+T)

Nゲージ 急行銀河・紀伊 製造計画 vol.P7,P8-0b

.

編成情報は、こちら



急行銀河 1号車、8号車
急行紀伊 9号車、14号車



オハネフ12




























戦後初の三等寝台車です。
10系初の量産車として設計され、2.9mの広幅および全長20mの車体を
国鉄で初採用し、連結器まで含んだ全長は20.5mになりました。
寝台は、3段寝台を向かい合わせに配置した区画とし、
上下段は固定、中段を座席使用時に下げて背ずりとする方式で、
10区画で定員60名、110両製造されました。
その後、1963年に寝台1区画をつぶして緩急車化され
ナハネフ10形に(定員は54名に減少)、
さらに1967年から冷房化改造により自重が増大しオハネフ12形となりました。

全車が、ナハネ10→ナハネフ10→オハネフ12と改造。



急行銀河 2号車
急行紀伊 10号車




GREENMAX 137 オロネ10形



























20系ナロネ21形をもとに開発し、97両が製造されました。(定員28名)
プルマン寝台で、新製段階から冷房装置を搭載するが自重が増加し
「オ」級となりました。
1969年、1974年に6両が緩急車化され、オロネフ10形となった。



急行銀河 3号車、4号車、5号車、6号車、7号車
急行紀伊 11号車




GREENMAX 128 スハネ16形



























戦前製2軸ボギー式客車から台枠を流用、台車も在来型車両の台車を流用し、
ナハネ11形に準じた車体を軽量構造で新製した車両です。
車籍上はスハ32などからの改造扱いとなっています。
寝台車需要の増強に応じて1966年までに計302両が改造されました。
後年の冷房化改造でスハネ16形に形式を変更した際、乗り心地改善のため
台車がTR47形に統一されました。

冷房化改造により オハネ17→スハネ16 となっています。



.



Nゲージ 車輛製造 リスト Rev.5

.


車輛製造計画/実行のリスト
番号進捗作業の代表車種note
P* 客車
P14Plan急行みずほ 素組み立て 7輛?
P13Plan急行みやざき素組み立て10輛
P12Plan特急はつかり素組み立て 9輛
P11Plan急行きたぐに素組み立て 14輛
P10Plan急行さつま.だいせん素組み立て 8輛
P9Plan急行さんべ素組み立て10輛
P8Plan急行銀河.紀伊素組み立て6輛
P7Plan急行銀河.紀伊素組み立て8輛
P6Plan急行日南(風)素組み立て7輛
P5Plan急行雲仙(風).西海素組み立て6輛
E* 電車
E10Planクモユニ81 素組み 1輛
E9Planクモユニ74 素組み 1輛
E8Plan国電40系 板キット切継テスト 2輛 x2(計4輛)
E7Plan国電40系 素組 2輛 x2(計4輛)
E6Plan流電52系 スカ色2色チャレンジ 4輛 x2(計8輛)
E5ing 横浜線103系 パイピング作成テスト(横浜線/混合色1)
E4ing 国電40系 リトルジャパン製 初製造
E3ing 103顔の72系 板キット素組み?
E1ing 横浜線103系 グリーンマックス ECO 初製造


製造完了のリスト
番号進捗作業の代表車種note
客車
P4終了オハ35 TOMIX 製品の再塗装(車番再割当)
P3終了スロ62 グリーン帯テスト(P2からの分割)
P2終了オハフ61  オハフ61 製造
P1終了オハフ11  グリーンマックス板キット 初製造
電車
E2終了国電72系 板キット素組み
E0終了Bトレ色塗りテスト(東急 旧5000系 初製造)

.

Nゲージ 急行みずほ 製造計画 vol.P14-0

.

1961年に、不定期列車という名の定期列車「みずほ」を運行開始。
1962年に定期列車に昇格。1963年には20系化。
1963年に東京~熊本、東京~大分の2階建て化。
1964年に、東京~大分部分を、「富士」として分離独立し、大分行を博多止まりに。
1968年には全編成を熊本までの運転になった。
1972年に14系化。1975年に、東京~熊本、東京~長崎の2階建てになった。
1994年に廃止。
2011年に、新幹線の名称として再登場!


急行「みずほ」 1961年(ぶどう2号編成)
号車資料形式 想定形式区間   
スハフ43 GM スハ44 東京~熊本
2 オロネ10  東京~熊本
スロ54  東京~熊本
オシ17  東京~熊本
オハネ17 GM スハネ16東京~熊本
オハネ17 GM スハネ16東京~熊本
スハフ43 GM スハ44 東京~熊本
オハネ17 GM スハネ16東京~博多
オハネ17 GM スハネ16東京~博多
10オハネ17 GM スハネ16東京~博多
11オハネ17 GM スハネ16東京~博多
12オハネ17 GM スハネ16東京~博多
13スハフ43 GM スハ44 東京~博多
・オハネ17はないので、スハネ16で代替
・1~7号車の計7輛を製造。8~13号車の製造は???
・1,7,13号車のスハフ43は、スハ44からの改造と考えられる。


牽引機関車:
EF58(東京~糸崎)、C62(糸崎~下関)、
EF30(下関~門司)、C59(博多~熊本)

C59機関車、どうしよう??

.

Nゲージ 急行みやざき(風)製造計画 vol.P13-0a

.



急行「みやざき」 1972年(青15号編成)

1972年に、夜行普通列車(門司港~西鹿児島)を急行「みやざき」愛称で格上げ。
1975年に、「みやざき」のほか、「フェニックス」「青島」「高千穂」として
運行されていた日豊本線内急行の名称を「日南」に集約しました。

号車資料形式 想定形式区間   
  スユニ GM スユ42 門司港~西鹿児島
増1 オハニ36 GM スハニ61門司港~宮崎
増2 オロ11 門司港~宮崎
オハネ12 門司港~宮崎
2 オハネフ12 門司港~宮崎
オハネ12 門司港~西鹿児島
ナハ  GM ナハ10 門司港~西鹿児島
ナハ  GM ナハ10 門司港~西鹿児島
ナハ  GM ナハ10 門司港~西鹿児島
7 ナハフ GM ナハフ10門司港~西鹿児島


・編成構成の確証がないので、急行みやざき "風" です。
・資料に、4~6号車はナハ表記、7号車はハナフ表記しかありません。
 ナハで始まる車両はこの時代、ナハ10(ナハ11)しかないので、これに決定。
 ナハフで始まるものも前者に合わせてナハフ10(ナハフ11)で。
・スユニはないので、スユ42で代替
・オハニ36がないので、スハニ61で代替★
・計10輛を製造。



牽引機関車:ED76(門司港~大分)、DF50(大分~西鹿児島)


★変更 スハニ35→スハニ61
.

プロフィール

hiro989

Author:hiro989
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR