日豊本線 ~大分(14)(8/12)

.

8/12(土) (18きっぷ3日目)



●中津(大分)

中津駅でやるべきこと!

まずは、佐伯~延岡間の
特急券&乗車券 の購入。

さすが九州。

指原莉乃嬢が切符入れに
登場してた!




そしてもう1つ。

翌日の「かわせみ やませみ」。

観光列車は人気が高い、
と聞いていましたが、確かに。。

ぎりぎり、席を確保!






885系 SM3編成
特急ソニック14号(博多行)

SM3編成は、写真後方(小倉寄り)の3輛は事故車の代替車輛。









783系 CM4編成
特急にちりんシーガイア7号
(宮崎空港行)











815系 NO25編成
で大分に向かいます。












815系の車内。


ドア寄りの座席にはヘッドレストがついています。








●中津(大分)
|  9:14発
|    JR日豊本線(普通)
|    [大分行]1時間38分
↓宇佐

USAを通過し、一瞬海外旅行(嘘

|  10:52着
○大分



.


スポンサーサイト



山陰~鹿児島~日豊本線(13)(8/11)

.

タイトルの「山陰~鹿児島~日豊本線」は、当然のことながら、
山陰本線~鹿児島本線~日豊本線です。山陰/日豊はピンときますが、
鹿児島って書くと、遠い鹿児島県を想像してしまいますね(笑)


8/11(金)



○益田

一見、天気がよさそうに見えますが
基本的には、雲が覆っていて
どんよりした天気です。












キハ187系気動車

特急スーパーおき5号新山口行


この日は、3輛編成でした!
(通常は2輛編成)





益田~長門市間は
キハ120-20 1輛の単行運転。


○益田
|  17:46発
|    JR山陰本線(普通)
|    [長門市行]1時間50分





この日の、このあたりの日の入りは 18:08あたりでした。
18:08頃は丁度 飯浦~江崎あたり、やっぱり雲に隠れて夕日は見れませんでした。
残念!


|    JR山陰本線(普通)
|  19:36着
○長門市
|  19:38発
|    JR山陰本線(普通)
|    [下関行]1時間14分
↓小串
|    JR山陰本線(普通)
|    [下関行]42分
|  21:39着
○下関

長門市駅では2分の乗り換え時間。
下関駅でも、隣のホームへ移動が必要で、車輛の撮影時間なし。
というわけで、車番のみを車内で撮影。キハ47-94は、タラコ色でした。


○下関
|  21:44発
|    JR山陽本線(普通)
|    [小倉行]7分
↓門司
|    JR鹿児島本線(普通)
|    [小倉行]6分
|  21:57着
〇小倉(福岡)

門司駅の下関側に交直流の
デッドセクションがあるため、
415系が走ります。



小倉からは 811系 Pm-10編成。

〇小倉(福岡)
|  22:10発
|    JR鹿児島本線(普通)
|    [柳ケ浦行]2分
↓西小倉
|    JR日豊本線(普通)
|    [柳ケ浦行]57分
|  23:09着
■中津(大分)




.

三江線 ~益田(12)(8/11)

.

8/11(金)


8/11時点で、廃線まで
「あと232日」

時間が来たので乗車!

○石見川本
|  13:45発
|    JR三江線(普通)
|    [江津行]1時間9分




車輛(2輛編成)は、
三次~石見川本間のものが
引き続き走ります。
三次~石見川本間は、
キハ120-311でしたが、
終点 江津まではキハ120-312で
向かいます。

さらに人が増えたような???

|    JR三江線(普通)
|  14:54着
〇江津



〇江津
|  15:08発
|    JR山陰本線
|    (アクアライナー)
|    [益田行]1時間40分

キハ126-1005で
益田に向かいます。





曇ってなければ・・・もっといい感じなのに・・・




夕日が見られればよいですが…

でも、雲ばかり…










|    JR山陰本線
|  16:48着
○益田

江津駅では、ちゃんと
撮影できなかったので、
改めて撮影。(すでに方向幕が
「米子」に変わってますが)




キハ126の JRI・・・
JRIWEST JAPAN だと!?











謎が解けました。
I(あい)ではなく、単なる仕切り棒だったようです(^^;






JR文字の太さの仕切り棒って、
どういうデザインなんでしょう???(^^;

ちなみに、細くしてみたらこんな感じ…!





.


三江線 ~石見川本(11)(8/11)

.

8/11(金)



〇三次
|  10:02発
|    JR三江線(普通)
|    [石見川本行]2時間16分

廃止が決まったからですかね?
すごい人です。

キハ120-311で移動です。




立ってる乗客もいる状況。。。

1年前は、ガラッガラでした。

この人たちが、廃止決定前に
来ていたら・・・
もしかしたら廃止に
ならなかったかも、と
思ったりして…。





廃線予定なだけあって
緑豊かで風光明媚です。

ん?廃線だから風光明媚は変かも。


TWILIGHT EXPRESS 瑞風が
通っても不思議じゃないと
思えます。





木次線は、奥出雲おろち号もあり、
まだ廃線の話は出ていませんが、
三江線は、観光列車もなく、
かなり不利な状況でした。廃線に
なるのはもったいないですね!


この高さで、ここは駅です。






|  11:08着
↓宇都井 
|  11:09発

宇都井駅は高架駅であり、ホーム
及び待合室は地上20mの高さにあり、高さとしては日本一です
エレベーターやエスカレーター等の昇降機設備は設置されておらず、
階段を上らなければなりません。



この日も、何人かが見学のため?
下車していきました。












|    JR三江線(普通)
|    [石見川本行]2時間16分
|  12:18着
○石見川本

無事に石見川本駅に到着。









1年前は天気がよかったのですがね。









駅の改札前では、地元の方々が乗客(観光客?廃線鉄?)にいろいろとお世話をされていました。また、駅前には町観光協会が運営する無料休憩所「三江線おもてなしサロン」が今年の1月から開設されています。

ん~、去年は閑散としていたのに「廃線が決まってから」では、ちょっと
遅きに失した感じですかね(^^;



.


芸備線 ~三次(10)(8/11)

この記事の 「(9)芸備線・可部線」は、こちら


只見線大回りから、やっと帰ってきました。。。ふぅ~



8/11(金) (18きっぷ2日目)



ホテルを出て、路面電車で
広島駅に向かうのでした。

●銀山町
|  7:04発
|    広電1系統(普通)
|    [広島駅行]9分
|  7:13着
■広島駅






乗ったのは1000形電車。













広島駅に到着。

前夜には気にしなかったのですが
広島駅って、改装工事中です。

以前の改札、今は塞がれています。

ビルの建て替え工事が計画されているようなので、それまではこの状態なのでしょうかね?





橋上駅化された現在の改札。

以前は、地上にあった複数の
改札口をこの中央口改札に集約。

今年の5月に供用開始されたばかりで、おしゃれな雰囲気ですね。








227系がやってきましたが、
これには乗りません。。。












227系側面から。

JRI WEST JAPAN

J :Japan
R:Railway
I :……

”I”って何の I なんだ?と
この日、ずっと悩むのでした…。




タラコ色のキハ47で三次へ
行きます。

●広島
|  7:53発
|    JR芸備線(普通)
|    [三次行]2時間0分
|  9:53着
○三次







この記事の 「(9)芸備線・可部線」は、こちら

突然ですが、今日は只見線。

.

今日は、18きっぷ de 大回りの日!

●大鳥居
|  5:30発
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[印旛日本医大行]4分
↓京急蒲田
|    京浜急行本線(エアポート急行)[印旛日本医大行]10分
|  5:45着
○品川
|  6:11発
|    JR東海道本線(普通)[前橋行]8分
↓東京
|    JR上野東京ライン(普通)[前橋行]5分
↓上野
|    JR高崎線(普通)[前橋行]1時間50分
|  8:16着
〇高崎(JR)
|  8:24発
|    JR上越線(普通)[水上行]1時間6分
|  9:30着
○水上
|  9:47発
|    JR上越線(普通)[長岡行]1時間56分
↓宮内(新潟)
|    JR信越本線(普通)[長岡行]5分
|  11:48着
■長岡
●長岡
|  12:34発
|    JR信越本線(普通)[越後湯沢行]4分
↓宮内(新潟)
|    JR上越線(普通)[越後湯沢行]30分
|  13:08着
○小出
|  13:11発
|    JR只見線(普通)[只見行]1時間17分
|  14:28着
○只見
|  14:32発
|    JR只見線(バス)[会津川口行]50分
|  15:22着
○会津川口
|  15:27発
|    JR只見線(普通)[会津若松行]1時間52分
|  17:19着
■会津若松
●会津若松
|  18:13発
|    JR磐越西線(普通)[郡山行]1時間16分
|  19:29着
○郡山(福島)
|  19:42発
|    JR東北本線(普通)[黒磯行]1時間3分
|  20:45着
○黒磯
|  20:56発
|    JR東北本線(普通)[宇都宮行]52分
|  21:48着
○宇都宮
|  21:50発
|    JR東北本線(普通)[上野行]1時間48分
|  23:38着
〇上野
|  23:44発
|    JR京浜東北線(普通)[桜木町行]19分
|  0:03着
〇品川
|  0:06発
|    京浜急行本線(普通)[京急川崎行]15分
|  0:21着
○京急蒲田
|    タクシー(汗;
■大鳥居

芸備線・可部線(9)(8/10)

この記事の続きは、こちら


8/10(木)



○三次
|  16:09発
|    JR芸備線
|    (みよしライナー)
|    [広島行]
|    1時間25分
|  17:34着
■広島

芸備線は線路上の倒木撤去のため
約30分遅れて広島駅に到着。

したがって、予定していた 17:53発あき亀山行 には乗れず、1本遅れで
あき亀山駅に向かうことに…。



■広島

227系に乗れるかと思ったら、
末期色115系でした(^^;
残念!









■広島
|  17:53発 / 18:18発
|    JR山陽本線(普通)[あき亀山行]5分
↓横川(広島)
|    JR可部線(普通)
|    [あき亀山行]38分 35分
↓可部

google map まだ未対応?
この先線路がない・・・(^^;




|    JR可部線(普通)
|  18:37着 / 18:59着
■あき亀山

あき亀山駅に到着です!

これで、JR西日本100%完乗が
いったん切れていましたが、
また100%に復帰です!!!





ぎりぎり iPhoneの光量に耐えられるタイミングで撮影できてホッ!



駅舎の裏?横?から115系を撮影。

奥に115系が写っています。



そしてこの180度後ろは・・・
(つまり背後は…)







もしかしたら、さらなる延伸が
あるかもしれない!!!

ってことですね。

※この先、県道へ転換されている
 路線あり。



●あき亀山
|  18:49発 / 19:15発
|    JR可部線(普通)[広島行]48分 40分
↓横川(広島)
|    JR山陽本線(普通)[広島行]5分 6分
|  19:45着 / 20:02着
■広島




路面電車で、ホテルに行きましたとさ。


この日の移動は、これでおしまい。














この記事の続きは、こちら



木次線・奥出雲おろち号(8)(8/10)

.

8/10(木)



出雲坂根

そうこうしているうちに、
奥出雲おろち号がやってきました。





















































出雲坂根
|  13:50発
|    JR木次線(普通)

そして、「おろちループ」へ・・・

線路も大きく迂回しながら上っていきます。


















奥出雲おろちループの
 三井野大橋(トラスドアーチ)


|  14:33着
〇備後落合






14:30頃の備後落合駅では、
3輛のキハ120が揃います。

1番線:木次線方面(写真なし)
2番線:三次・広島方面
3番線:新見方面

宍道行 14:33着~14:41発
三次行 14:21着~14:43発
新見行 14:25着~14:37発


2番線のキハ120-324で三次に向かいました。

〇備後落合
|  14:43発
|    JR芸備線(普通)[三次行]1時間20分
|  16:03着
○三次


.

木次線・キハ120リニュ(7)(8/10)

.

8/10(木)



出雲横田


出雲横田での切り離し作業も無事に終わり…














「備後落合行」と「宍道行(早い話、戻り)」に分かれます。
高校生らは宍道行に乗っていくようです。
(ま、部活の帰りなのでしょうね…)




キハ120リニューアル車輛の
車内を見ることができました。

ロングシートには仕切りが。

ど真ん中ある
握り棒(黄色)も新設。








奥には、セミクロスシートが見えます。

0番台のオールロングシートが、
セミクロスシートになるかはわかりません。



そして出発!





出雲横田
|  13:09発
|    JR木次線(普通)
|  13:30着
出雲坂根

無事に、出雲坂根駅に到着。

雨上がり・・・でギリギリセーフ。





駅にある湧き水「延命水」

言い伝えによれば、
昔このあたりにはキツネやタヌキが多く、特に寿命が100年を超えたと思われる古狸が好んで飲んでいたことから、里人も長寿の霊水と称して飲用をはじめ、いつしか延命の水と名付けられた、
         …とのこと




丁度、東京から飲んでいた十六茶の
ペットボトルが空になったので、この中に…。


夏場なので、広島に着くころには、
すでに、空っぽに・・・(^^;










.

出雲~木次線(6)(8/10)

.

8/10(木) (18きっぷ1日目)



●出雲市

そろそろ米子行のに
乗らなきゃ、と思って
ホームに上がったら
まだ、サンライズ居ました。








そんな中、
米子行の列車がやってきました。

この移動から、
18きっぷで移動開始です。

キハ47-1026です。



●出雲市
|  10:41発
|    JR山陰本線(普通)[米子行]20分
|  11:01着
○宍道



○宍道
|  11:18発
|  JR木次線(普通)
|  [備後落合行]3時間15分

宍道からは、
キハ120系で移動です。






なんと、TOPナンバーに乗れました!





そして、後位にいたのは
キハ120-208でした。
こちらは、7月にリニューアル
工事をして出場してきたばかり。

塗装だけでなく、
前照灯が変わっています。

後位側のこの車輛キハ120-208は
旅客扱いをしておらず
乗車できません。




|    JR木次線(普通)
|  12:51着
出雲横田

出雲横田駅で18分の停車です。








この駅では、後位の1輛(208)を切り離し、
宍道行きとして運転されます。

宍道行きは13:01発で、我々の備後落合行よりも
8分早く出発していきます。

駅近くに、県立横田高校があるようで、
この学生さん?がたくさんおられました。




.


サンライズ出雲(5)(8/10)

.

8/10(木)



|    寝台特急サンライズ出雲
|  9:03着
○米子
|  9:05発


定刻通りに、米子に到着!
















知り合いが来るかも! と言っていましたがいませんでした。
この時間、境線に別の撮影に行かれたようです(笑)




|    寝台特急サンライズ出雲
|  9:58着
■出雲市


そして定刻通りに
出雲市駅に到着しました。




出雲市駅での滞在は、約40分。

ちょっとの時間、改札を出て
ブラブラ散歩。


いつかは、一畑電車も
乗りつぶしたいところです。
(出雲大社へは乗りましたが…)




やくも14号 岡山行

多客期用の
クハ-モハ-モハ
の3輛をつなげた編成で
4(基本編成)
6(増結モハ2輛を追加)
4+3(増結3輛を追加)
6+3(増結5輛を追加)
などがあるようです。

モハ~クハな連結、大好きです。




.


サンライズ出雲(4)(8/10)

.

8/10(木)





岡山の朝は、良い天気でした!










8号車に向かうと、すでに多くの人が…
もちろん、みなさん、手荷物なんか
持っちゃいません。。。
8号車の出口は人が多かったので、
私は9号車の出口でスタンバイ。
その後、もっと大勢に…・・・








理由は簡単。。。

岡山駅で、瀬戸と出雲の
切り離しが行われるから。






そしてサンライズ瀬戸の乗客では味わえないのが、この分離して瀬戸を見送る姿を捉えること。

(切り離し作業自体は瀬戸の乗客も撮影可能)










瀬戸の3分後に、出雲も出発です。







|    寝台特急サンライズ出雲
|  6:27着
○岡山
|  6:31発(サンライズ瀬戸)
|  6:34発(サンライズ出雲)




岡山駅を出発したら、
朝飯の時間です :-)

このお弁当も前日の夜
買っておいたものでした。









野菜中心のお弁当でした。
朝にはぴったりでした。














備中神代駅で分かれる芸備線を
眺めつつ、伯備線を
さらに北上していきます。。












.


サンライズ出雲(3)(8/10)

.

8/10(木)

サンライズでシャワーでも浴びようかな、と思ったその時!

あっ!シャワーカードもらってない!!!

夜飯を食べるタイミングで車掌さんが検札に来たのですが、くれなかったぁ~!!!
有料になってしまったのかぁ~・・・などと焦りまくりです。

焦る中、ググってみると、アメニティグッズの中に収められているとのこと。。。



手元にとってよく見ると! 確かにあったぁ~・・・! と。。

ちなみに、以前は、検札のタイミングで車掌さんからの手渡しでした…。

車掌さん、検札のタイミングで言ってくれよぉ~、です。

これに気づかないお客さんは、
わざわざ買いに行く羽目になったんじゃないかと心配です。



ちなみに、このカード、自販機のとは異なるんです。



4枚のシャワーカード、見た目は、まったく同じですが・・・裏返すと



左上隅に何やら文字が…(汚いのはご愛嬌^^;)




「A個室用」の印が…。



A個室車輛に備え付けの専用シャワールームは、だれも使っていませんでした。
まあ、ひとつのシャワールームを最大6人で使うだけなので、
他の方とかちあう可能性が非常に低いわけです。
さすがにB寝台側の劇混み具合と違い、時間的にも気分的にも優雅です(笑)




シャワー室はドライヤーが
備え付けられています。

ドライヤーの左下には、
シャワーカードを入れる機械があり
ここに、カードを下から挿入します。











その左には、操作ボタン。







シャワールームはいたってシンプル。

シャンプー等も備え付けられています。










シャワーカード挿入直後は、
600となっていて、
お湯が出るとカウントダウン
していきます。
湯水のように使うと、お湯が
なくなるので、[START]、
[STOP]ボタンを押して
水量をコントロールします。

今回は、1:59 残して、無事洗い終わりました!

シャワールームを出る帰りに、↑操作パネルの青いボタンを押すと、
シャワールーム内の洗浄を行い、着替え部屋に突風(笑)が吹き、
床下の水滴を吹き飛ばしてくれました。

これで、次の人もきれいに使えますね!


.



サンライズ出雲(2)(8/9~10)

.

8/9(水)

●東京
|  22:00発
|    寝台特急サンライズ出雲(寝台車)[出雲市行]11時間58分
|    運賃 \11,990 特急券 \3,240 寝台券 \13,730 計\28,960



普段、酒なんか飲まないくせに…

氷結というジュースを頂く(笑












東京駅で買ったお弁当~

22時前だったのですが、
売れ切れ続出で、
お気に入りは買えず。。。







とはいえ、これも悪くなかったです、はい。。。





車窓を見ながら夜飯…、と行きたいところ。


ただ、この日も雨・・・>_<


車窓(夜景)を楽しめず残念!!!










そういえば、備え付けのコップがあるのですが…










シンクには、
「飲料水ではありません」
とあります。

このコップ、いつ
どう使うのでしょうかね?






0時を過ぎると、晴れ間が見え、満月が見えました。

iPhoneカメラなので、ザラザラです(^^;


.


サンライズ出雲(1)(8/9)

.

8/9(水)



●東京

21:34 に入線してきました!














いいですね~!!!












どちらも、3000番台で東海車でした。


















11号車A寝台です~(^o^)/











シングルデラックスは広い!
























アメニティも充実!



そして、静かに出発するのでした。。。






●東京
|  22:00発
|    寝台特急サンライズ出雲(寝台車)[出雲市行]11時間58分
|    運賃 \11,990 特急券 \3,240 寝台券 \13,730 計\28,960

熊本から羽田へ帰京です。

.

羽田に帰京です。
10時ちょうどには、きっと家にいることでしょう。。。。


●上熊本
|  6:00頃?
|    車で移動 約1時間?
|  7:00頃?
●阿蘇くまもと空港
|  7:35発
|    SNA12便[羽田空港第2ビル行]1時間40分
|  9:15着
○羽田空港第2ビル
|  9:40発
|    徒歩5分
|  9:45着
○羽田空港国内線ターミナル
|  9:48発
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[印旛日本医大行]5分
|  9:53着
■穴守稲荷
|  9:55着
■大鳥居


穴守稲荷で降りるか、それとも大鳥居で降りるか、どっちにしよ。。。


.


Nゲージ 国電155系 製造計画 vol.E25-0

.

155系電車は、1959年に我が国初の修学旅行専用電車として登場した車輛です。
基本設計、機器類、性能等は東海型153系と共通とされましたが、コストダウンのため
台車はコイルバネのDT21に変更(153系は空気バネのDT24)、通風器もグローブ型
とし、先頭車のスカートも省略されました。車内は座席数を確保するため3人掛けと
2人掛けのボックスシートとし、戸袋窓を作らぬように客扉も700mm幅としました。
修学旅行以外の臨時列車として中央線に入れるように屋根は全車種共低屋根と
なりました。
登場時は、ライトスカーレット(朱色3号)とレモンイエロー(黄1号、のちに黄5号)でしたが、晩年は修学旅行専用者は廃止となり湘南色に塗り替えられ153系とともに、快速や急行の運用につきました。

本製造では、登場当初の朱色3号と黄5号で製造します。



.


Nゲージ 123系小野田線 製造計画 vol.E24-0

.

グリーンマックスの No.185 クモハ123系は2輛セットで、
1輛はJR西日本のクモハ123、もう1輛はJR東海のクモハ123-40番台です。

今回製造するのは、JR西日本の クモハ123 (黄色)の予定です。

JR西日本に在籍するクモハ123は、クモニ143-2・3・6 - 8から改造されました。
当初、可部線および阪和線羽衣支線向けでしたが、現在の主な運用は小野田線や
宇部線(閑散時のみ)での単独運用、ラッシュ時は105系に併結されて宇部線や
宇部線の山陽本線直通列車宇部~下関間などで運用されています。

グリーンマックスの No.185 クモハ123系のJR西日本のクモハ123は
クモハ123-2,3,4 の3輛です。クモハ123-5,6は窓配置がJR西日本用とも
JR東海用とも異なり、窓が「田」の字です。

クモハ123-40番台をどうするかは未定。

.


Nゲージ 国電42系 製造計画 vol.E23-0

.

42系電車は、1933~1935年にかけて鉄道省が製造した2扉クロスシートの旧形電車を便宜的に総称したもの。
広義には上記の52系電車を42系の一部として扱う考え方も存在し、実際に運用面では42系と52系は共通扱いされる事がしばしばあった。

色は、ぶどう色、スカ色、スカイブルーと3色ありますが、まずはスカ色で行きます。

製造するのは、以下の8輛の予定です。

152クモハ432輛素組みスカ色
153クハ47-1002輛素組みスカ色
152クモハ422輛クモハ43切り貼りスカ色
152サハ482輛クモハ43切り貼りスカ色


.



都城から上熊本(帰省完了!)・・・

.

かわせみ やませみ 車輛は初乗車です!

でも、なぜか、指定席は3号車です(汗;

現場で、何が起きるのでしょうか!



8/13(日) (18きっぷ4日目)

●都城
|  8:24発
|    JR日豊本線(普通)[鹿児島中央行]54分
|  9:18着
○隼人
|  10:35発
|    JR肥薩線(普通)[都城行]1時間8分
|  11:43着
〇吉松
|  11:49発
|    しんぺい2号[人吉行]1時間16分
|  13:05着
○人吉
|  13:20発
|    かわせみ やませみ4号(指定席)[熊本行]1時間10分
|    運賃 \1,110 指定席 \1,340
|  14:30着
○八代
|  14:40発
|    JR鹿児島本線(普通)[鳥栖行]54分
|  15:34着
■上熊本


.

大分(中津)から都城へ・・・

.


佐伯~延岡間は、どうしても特急乗車が必要です (>_<)



8/12(土) (18きっぷ3日目)

●中津(大分)
|  9:14発
|    JR日豊本線(普通)[大分行]1時間38分
|  10:52着
○大分
|  11:27発
|    JR日豊本線(普通)[佐伯行]1時間28分
|  12:55着
○佐伯
|  13:08発
|    にちりん11号(自由席)[宮崎空港行]58分
|    運賃 \1,110 自由席 \820
|  14:06着
○延岡
|  14:27発
|    JR日豊本線(普通)[宮崎空港行]1時間39分
|  16:06着
○南宮崎
|  16:35発
|    JR日豊本線(普通)[西都城行]51分
|  17:26着
■都城




広島から大分(中津)へ・・・

.

8/11(金) (18きっぷ2日目)

●広島
|  7:53発
|    JR芸備線(普通)[三次行]2時間0分
|  9:53着
○三次
|  10:02発
|    JR三江線(普通)[石見川本行]2時間16分
|  12:18着
○石見川本
|  13:45発
|    JR三江線(普通)[江津行]1時間9分
|  14:54着
〇江津
|  15:08発
|    JR山陰本線(アクアライナー)[益田行]1時間40分
|  16:48着
○益田
|  17:46発
|    JR山陰本線(普通)[長門市行]1時間50分
|  19:36着
○長門市
|  19:38発
|    JR山陰本線(普通)[下関行]1時間14分
↓小串
|    JR山陰本線(普通)[下関行]42分
|  21:39着
○下関
|  21:44発
|    JR山陽本線(普通)[小倉行]7分
↓門司
|    JR鹿児島本線(普通)[小倉行]6分
|  21:57着
〇小倉(福岡)
|  22:10発
|    JR鹿児島本線(普通)[柳ケ浦行]2分
↓西小倉
|    JR日豊本線(普通)[柳ケ浦行]57分
|  23:09着
■中津(大分)





.



出雲から広島へ・・・

8/10(木) (18きっぷ1日目)

|    寝台特急サンライズ出雲
|  9:58着
■出雲市
●出雲市
|  10:41発
|    JR山陰本線(普通)[米子行]20分
|  11:01着
○宍道
|  11:18発
|    JR木次線(普通)[備後落合行]3時間15分
|  14:33着
〇備後落合
|  14:43発
|    JR芸備線(普通)[三次行]1時間20分
|  16:03着
○三次
|  16:09発
|    JR芸備線(みよしライナー)[広島行]1時間25分
|  17:34着
■広島
|  17:53発
|    JR山陽本線(普通)[あき亀山行]5分
↓横川(広島)
|    JR可部線(普通)[あき亀山行]38分
|  18:37着
■あき亀山
●あき亀山
|  18:49発
|    JR可部線(普通)[広島行]48分
↓横川(広島)
|    JR山陽本線(普通)[広島行]5分
|  19:45着
■広島

某カプセルホテルを予約




木次線の運行状況が最近よくないので、念のため。
(レール温度上昇による運転見合わせ、など)

●宍道
|  11:58発
|    JR山陰本線(アクアライナー)[米子行]55分
|  12:53着
○米子
|  13:37発
|    JR山陰本線(普通)[新見行]7分
↓伯耆大山
|    JR伯備線(普通)[新見行]2時間9分
|  15:54着
○新見
|  15:55発
|    JR伯備線(普通)[備前片上行]1時間6分
|  17:01着
○倉敷
|  17:05発
|    JR山陽本線(普通)[三原行]1時間9分
|  18:14着
○糸崎
|  18:29発
|    JR山陽本線(普通)[徳山行]1時間19分
|  19:48着
○広島
|  20:13発
|    JR山陽本線(普通)[あき亀山行]5分
↓横川(広島)
|    JR可部線(普通)[あき亀山行]37分
|  20:56着
■あき亀山
●あき亀山
|  21:00発
|    JR可部線(普通)[広島行]39分
↓横川(広島)
|    JR山陽本線(普通)[広島行]5分
|  21:45着
■広島


.

サンライズ出雲で帰省です!

.

今晩から帰省の旅です!最終目的地(帰省)は九州です。


8/9(水)

お楽しみ!な、サンライズ出雲 デス!!!

●大鳥居
|  20:22発
|    京浜急行空港線(エアポート急行)[芝山千代田行]4分
↓京急蒲田
|    京浜急行本線(エアポート急行)[芝山千代田行]10分
|  20:40着
○品川
|  20:50発
|    JR東海道本線(普通)[籠原行]8分
|  20:58着
■東京
:  駅弁など・・・購入~
●東京
|  22:00発
|    寝台特急サンライズ出雲(寝台車)[出雲市行]11時間58分
|    運賃 \11,990 特急券 \3,240 寝台券 \13,730 計\28,960


TOMIX 24系25形客車 レストア計画 T11-1c

.

これから寝て、一仕事すれば、サンライズだわ~・・・楽しみ!!!



前の記事は こちら

そういえば、サンライズ出雲の前は、寝台特急 出雲(14系客車)でしたね。
寝台特急「出雲」は、20系客車→24系客車→24系25形客車、そして
14系客車と変更されました。



さて、今回の種車となる24系25形の種車となるのは、
ちょ~古いTOMIX製品の24系25形です。



秋葉原の中古店だと、1輛500円くらいで売っています(^^;




こんな感じで
汚いのも当然あります。

ま、洗って塗装するので、
気にしていませんが…。









ちょ~古い製品ですが、
一応、台車と床板は
室内灯取り付けの準備工事は
行われています。









同じ \500でも、さらに古い準備工事無しの
車輛もあるので要注意デス!  →





金属板が比較的きれいな状態。


ものによっては金属の腐食が
みられるものもあります。









台車のネジで、屋根を固定するタイプなので、その柱の存在感がすごいです(苦笑

ウェイトを兼ねた金属板がプラの融着によって留められているので、
処理に難儀しそうですね。






ちなみに、24系25形の帯は
これを試してみる予定ですが、
ダメな場合は、くろま屋さんの
銀帯インレタの予定です。














.


TOMIX TNOSシステム実演会チェック!

.

その視察として、TOMIX TNOSシステムの実演会を 
TAMTAM秋葉原店(8/5-6)、IMON大井町店(8/6)でやっていたので、
8/6(日)に、両方を見に行ってきました(笑)。

TAMTAMの説明員の方ほうが将来構想などを
具体的に!かつ願望wも含めて、詳しく説明してくれていました(笑)


TNOS
TOMIXの説明員の方は、「ティーノス」って言ってました。T-NOS ですね。



コントローラ

入出力は、4x4のスイッチと4桁7セグ、ロータリーエンコーダ、メモリカード
ポートは、シリアル、I2C、通信A、通信B

スイッチ:現時点で16個すべては使わない。
     (将来用で未定義のものがある。例えば信号機スイッチ。)
ロータリーエンコーダー:多段階(カチカチ)なのか、無段階(ボリューム)なのかは不明。
メモリーカード:プログラム格納用。
シリアルポート:3線式。これを使ってNDユニットと接続。
I2C(4線)、通信A、通信Bポート:どれも現時点で未使用の模様。

NDユニットとはシリアルポートで接続し、NDユニット同士はデイジーチェーン。
現時点で、4台のNDユニットまでサポート。
5台目以上は、今後のソフトウェア・アップデートで。有償/無償は未定とのこと。
たしか、将来的に拡張するとしてNDユニットは最大60台?60閉塞?くらいまでが
MAXだと言っていたような気がします(ま、将来のことなので不明ですが。。。)
その時は、NDシステムを買う前にまず家を買ってください、って言ってました(笑)
ユーザープログラマブルにするかどうかをよく聞かれるそうですが、
これについても将来的にどうするか検討中だそうです。
(ま、かなり先の話になりそうですね)

こちらのコメントに、I2Cポートが実装されていた、とのコメントがありましたが、
確かに実装はされていたもののデモシステム(※)では利用されていませんでした。
シリアルポートがI2Cをベースにしているかは不明です。
(NDユニットも電源が必要なので、電源線を省略しているだけかもしれない)

I2Cによる制御を避け、完全に別のプロトコルで動かしているかもしれないですね。
と、思って調べてみたら、これは関係ないですね。特許関係はこちら
ざっと見たらTOMYTECさんの特許は、PWMを使った閉塞処理の特許のようですね。

※デモシステムは、youtubeのものと同じ線形

自動運転モードのほかに、手動運転に切り替えることも可能。

但し、引き込み線は基本的に手動運転のみで、
かつ外部のパワーユニットでのコントロールが必要。
(2線のターミナル駅は自動運転可能(プラン9、10))

PWM周波数は複数が選べる。
50Hz、200Hz、400Hz、800Hz、2000Hz、20KHz(だったかな?)

PWM制御は、動力車毎に加速、減速などのパラメータ設定ができるらしい。
(但し、周波数設定は一律)

LCDではなくて7セグなところや、3線など、
ちょっとケチってる感が無きにしも非ず。

まあ、LCDに比べて頑丈ですから、小さい子が扱っても安心です。
(あれ?TOMIXって「推奨15歳以上」だったような…(笑))
頑丈なことはいいことです。

※昔ならともかく、いまだと、7セグのほうが高いかもしれませんが(爆)


NDユニット

センサーは、光センサーかなと思っていましたが、モータ等がレールに流れる
(車輛が動く)ことによる検出を行っているようです。たぶん信号機で使われているものの流用のように思います。



また、Webの絵(左)では
センサーは必要最小限しか
書かれていませんが、基本的に
1つのギャップ区間の両端に
必要です。これは、認識&停止位置
を確保する必要があるからのようです。


なので、DCフィーダの2倍のセンサーが必要なのですね。

ーー|G1|ーーー■S1----------■S2---|G2|---…

Gx:ギャップ
Sx:センサー

→の方向はS2が有効(S1は不要)、というわけです。
(片方向だけの自動運転なら片方のセンサー(この場合はS1)は不要とのこと)
センサーには方向の意味付けがされているので2個を1個に集約はできないとのこと。

なお、→方向での自動運転時、例えば S2 と G2 との距離は停止までの減速に依存。
S2を通過してすぐに止まるのではなく、S2通過後減速して止まる仕組みであり、
G2の通過手前で止まる必要がある。


質疑応答

Q.
機回し(&自動開放)の自動運転はできないの?という質問。

A.
将来的にやってみたいですね、という話がありました。

たぶん無理なんじゃないかなと(笑)
特に、室内灯や尾灯(最近はタキですら付いている)がついていると
通電を検出するので通電検出でのコントロールが前提のTNOSでは厳しい気がします。

Q.
電流はどれだけ流せるの?

A.
1DCフィーダ 1.2Aまで(TOMIXの他の標準パワーユニットと同じ)。
1NDユニットで4DCフィーダあり、同時運転できるのでMax 4.8A流せる模様…。
2M14T&室内灯くらいではビクともしない!とも。





このレベルであれば、Arduinoでできそうですねぇ~!



.


今週はあと3日!

.

仕事の関係で、今週は3日出れば、夏季休暇です。



そして、9日には
サンライズで出雲へGO!です。















出雲のあとは「青春18きっぷ」で
九州を一周しながら
ボチボチ帰省します。






.

KATO キハ20 レストア計画 K1-1b

.

全然進んでいない、キハ20レストア計画

さらに1輛追加です。






某アキバ中古店で キハ20を
\216でゲット。












異常に安い原因は、
これですかね。。。

雪?をイメージしたウェザリング

茶色に変色して
雪には見えないですが(^^;

これも、ウェザリングを落として
きれいに再塗装したいと思います。





.


GREENMAX 7月の再生産(購入)

.

うっかり忘れていた、板キットの7月の再生産品


419  3,000円+税 JR211系5000番台 4両編成セット 
419-1 1,800円+税 JR211系5000番台 増結用先頭車2両編成セット 
421  2,600円+税 小田急9000(8000)形 4両編成セット 
421-1 1,400円+税 小田急9000(8000)形 増結用中間車2両セット 
426  3,000円+税 近鉄12400(12200)系 4両編成セット 
※エコノミーキット(仕様変更版)



なんとか、大人買いで
かき集めることに成功!















小田急中間車(2輛)

211系5000番台(先頭車2輛)






近鉄12400をもう1つと、小田急中間車をもう1セット買って大人買い終了予定。




.



Nゲージ 郵便・荷物車 製造計画 vol.P33-0

.

茶の郵便・荷物車 を作るのなら、青15号の郵便車も作っえてしまえ!とね。。。


GM No.形式   製造数
116マニ37非冷房車※2輛
118オユ10冷房改造車2輛
141オユ12非冷房車 1輛
142オユ14冷房車  1輛
143スユ42非冷房車 1輛
144マニ35非冷房車 1輛
※(No.116を2セット)


マニ37
荷物輸送効率化を目的として旧特別二等車などを改造して1967年より製造された新聞パレット輸送用の荷物車である。改造元にはスロ60形やスロ50形などの旧特別二等車やスロネ30形が使用されているが、改造に使用できる車両が払底したことからスハ32形・スハフ32形も改造元に使用されている。荷物車化にあわせ台車はTR40またはTR40BからTR23に交換されたほか外部色は従来のバラ積み用車と区別するために青15号とされた。
なお、本キットのマニ37はスロ60形からの改造車であり、車番は1,2,2011-2020である。


オユ10(冷房改造車)
郵政省所有の区分室を有する郵便車で、車内に郵便物を区分するための設備がある。
車体塗色は当初はぶどう色2号、のちに青15号に変更された。
当初は冷房装置を搭載していなかったが、作業員の発汗による郵便物の汚損対策として、屋根高さを下げ、分散式ユニットクーラーを3基搭載するよう改造された。
一般形に耐寒改造と電気暖房取付を行った33両は2550番台(2551 - 2583)を付番した。
本製造車は、青15号塗装とする。


オユ12
区分室を持たない護送便専用郵便車である。オユ12形は蒸気暖房設備のみで冷房設備はない。オユ10同様、車体塗色は当初はぶどう色2号、後に青15号に変更された。
本製造車は、青15号塗装とする。


オユ14/スユ16
オユ14形は区分室を有する郵便車で、オユ11形の後継として新製されたものである。最高運転速度110km/hに対応しており、走行性能的には14系客車に準拠している。スユ16形は、オユ14形に電気暖房装置を取付けたものである。車体塗色は青15号のみである。


スユ42
1953年から12両が製造された取扱便用郵便車。
1953年3月製造のスユ42 1 - スユ42 6は区分室採光窓が枠付の内傾式で、台車はTR23形を使用。同年11月製造のスユ42 11 - スユ42 13は同仕様の車体であるが、台車を防振ゴム付のTR40Bに変更。1954年以降製造のスユ42 14 - スユ42 16は区分室の窓をすべてHゴム固定式に変更し、作業環境改善のため床下に集塵機を設置、腰板部には通気口が設けられた。台車は変わらずTR40B。車体塗色は当初はぶどう色2号、のちに青15号に変更された。グリーンマックス板キットは、1954年以降製造のスユ42 14~16と考えられる。
本製造車は、青15号塗装とする。


マニ35
座席荷物車(ハニ)を改造して1962年より製造された荷重14t・バラ積み用の荷物車である。改造元がスハニ31形(2001~2010,11-13,2014-2016,17,20)、スハニ32形(2051-2055,56,57,2058,59,2060-2062,63,64,2065-2067,68-72)、スハニ35形(2201-2204,2221,222)の改造の3種に分けられる。
グリーンマックス板キットは、オハニ35形からの改造と考えられる。
車体塗色は当初はぶどう色2号、のちに青15号に変更された
本製造車は、青15号塗装とする。


.

プロフィール

hiro989

Author:hiro989
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR